スイング 軌道 ゴルフ上達 究極リズムシンクロ打法 森本光洋

MENU

スイングの軌道について

ゴルフをやるなら知っておいて欲しいことがあります。それは腕を回すタイミングの違いでスイングの軌道が変化するということです。

 

スイングの軌道

 

バックスイングで両腕を回旋させる際に、両腕を回すタイミングが早いとスイングの軌道がフラットになり、逆に遅めになるとスイング軌道がアップライトになるのです。

 

 

フラットな軌道というのはトップの位置が少し低くて、やや横型に近い軌道になることを言います。
反対にアップライトな軌道はトップの位置がやや高く、フラット軌道と比べて縦型に近い軌道です。

 

 

テークバックした直後に両腕の回旋が始まればヘッドが早めにインサイド軌道に上がりますし、両手が右の腰を通り過ぎたあたりから両腕の回旋を始めれば、同じインサイドでもクラブのヘッドが少し高い方向にあがるようになります。

 

 

フラットとアップライトのどちらが良いかはそれぞれのゴルファーの感覚によっても違いますが、どちらかといえばやせ型の人にアップライトが多くみられます、
一方、がっちりしていてずんぐり体型の人はどちらかというとフラットスイングが適しているかと思います。

 

 

また、ショット後に直線的な軌道でボールが飛び、その後落下するときに左にカーブするドロー系の人はフラットめの軌道、また、ショットした球が落ちていくいく際に、ややに右へと切れていくフェード系の人はアップライトめの軌道でスイングするのが一般的です。

 

 

いずれにしても、理想的なスイングプレーンというのは、アームローテーションが行われた軌道のことで、両腕の回旋がスムーズに出来ることです。
ちなみにローテーションというのは、回旋とか回転、もしくは入れ替えを意味し、要は腕をスムーズに返す動きのことを指します。

 

 

スイング中にクラブが重いように感じたりするようなら、アップライトの方が良いでしょう。
ゴルフは所詮人間がやることなので成功もあれば失敗もあります、
静止しているボールを打つだけなのにプロでさえミスショットを良く打ちますからね。

 

 

それでもプロたちがいいスコアで回れるのはシンプルなスイングしているからに他ありません。その為一般のアマチュアゴルファーと違ってミスショットの度合いが小さいからです。
そのことに注目して頂ければと思います。

 

関連ページ

一軸理論で飛距離アップ
クラブを楽に振る
テークバックの始動はどこから
ダウンスイングは体を一気に左に向ける
ボールを上げるには腕は縦振り
正しいトップの形を作るには!?
アイアンのミスをなくす練習法
フェアウェイウッドの打ち方
捻転はゆっくりでないと出来ない
アドレスの体重配分で飛距離アップ
グリップの握り方次第で飛距離も伸びる
飛距離とスコアアップに良いクラブとは?
ドライバーのスライスの原因と直し方
朝一のティーショットはこれで克服
スライスを防ぎ飛距離を伸ばす肩の回し方
ダフリやトップが多くスイング軸がブレる
ヘッドスピードを上げる方法
どのクラブでもスイングはひとつ
アプローチショットの打ち方のコツ
長いクラブを使いこなすコツ
ゴルフスイングのタメの作り方とリズムの取り方
フェアウェイウッドが苦手
竹ぼうきの素振りで飛ばしのスイングリズムが身につく
ゴルフスイングのゆっくり振るの勘違い
ロングアイアンが打てない
女性のフェアウェイウッドの打ち方
ゴルフのテークバックはゆっくり
ドライバーとアイアンの打ち方は同じ
明治の大砲になっていませんか?
右肘の使い方
アイアンも一定のテンポでスイングしょう
スイングプレーンを安定させる
クラブヘッドを浮かすと振り切れる
腰痛にならないための構え方
しなりで打つ