腰痛 構え方 ゴルフ上達 究極リズムシンクロ打法 森本光洋 飛距離アップ

MENU

腰痛にならないための構え方

ゴルフをやっている方で腰痛にな悩まされているいる人も多いと思います。
ですが、腰が痛いとボールを飛ばすどころじゃありませんから、ゴルフが楽しめませんよね。

 

腰痛

 

そもそもゴルフで積極的に腰を回すのが体に悪いんじゃなくて、痛めなくて済むように腰を動かせばいいということなんだと思います。
また、腰を痛めないための構え方があり、アドレスのコツあるんです。

 

 

腰痛になりやすいという人は、骨盤を前に傾ける際に、両膝を伸ばしたままにして股関節から上体を折り曲げて、最後に両膝を曲げるような手順で行う人が多いように感じます。

 

 

このように膝を曲げずに骨盤を前傾すると、腰椎から腿の後ろ側の筋肉であるハムストリングが圧迫されて腰痛の原因になります。
これは、ティーアップしたボールを拾い上げたりするときも同じで、腰に痺れが走る恐れのある動作や仕草は出来るだけ避けた方がいいですね。

 

 

では、どうすればいいのかというと、アドレスを作る時には、膝を曲げながら腰を真下に落とすようにして、それから背中と骨盤を前に傾けるようにするといいのかなと思います。

 

 

このように膝を曲げながら骨盤を前に傾けるようにすれば、腰への負担が掛かりません。
また、腰の後ろ側に張りを意識するのも腰痛を引き起こす恐れがあります。

 

 

その点、リズムシンクロ打法なら骨盤をスムーズに旋回させる動きですから、腰回りに無駄な力もかかりません。
お尻のつなぎ目が柔軟に作動するように、下半身は出来るだけリラックスさせておきましょう。

 

 

なお、腰を速く回したいなら、左側のお尻のつなぎ目をスピーディーに動かすといいでしょうね。
それには左ひざを伸ばすことが欠かせません。

 

 

リズムシンクロ打法さえ実行すれば、腰痛の予防にもなり、腕は振らなくてもクラブが勝手に振られますから、スイングをみた回りの人たちは、口をそろえて「軽く振って見えるのに、よく飛びますね〜」と言われますよ。('ω')ノ

 

腰痛にならないための構え方

関連ページ

一軸理論で飛距離アップ
クラブを楽に振る
テークバックの始動はどこから
ダウンスイングは体を一気に左に向ける
ボールを上げるには腕は縦振り
正しいトップの形を作るには!?
アイアンのミスをなくす練習法
フェアウェイウッドの打ち方
捻転はゆっくりでないと出来ない
アドレスの体重配分で飛距離アップ
グリップの握り方次第で飛距離も伸びる
飛距離とスコアアップに良いクラブとは?
ドライバーのスライスの原因と直し方
朝一のティーショットはこれで克服
スライスを防ぎ飛距離を伸ばす肩の回し方
ダフリやトップが多くスイング軸がブレる
ヘッドスピードを上げる方法
どのクラブでもスイングはひとつ
アプローチショットの打ち方のコツ
長いクラブを使いこなすコツ
ゴルフスイングのタメの作り方とリズムの取り方
フェアウェイウッドが苦手
竹ぼうきの素振りで飛ばしのスイングリズムが身につく
ゴルフスイングのゆっくり振るの勘違い
ロングアイアンが打てない
女性のフェアウェイウッドの打ち方
ゴルフのテークバックはゆっくり
ドライバーとアイアンの打ち方は同じ
明治の大砲になっていませんか?
右肘の使い方
アイアンも一定のテンポでスイングしょう
スイングプレーンを安定させる
クラブヘッドを浮かすと振り切れる
しなりで打つ