クラブヘッド 浮かす ゴルフ上達 究極リズムシンクロ打法 森本光洋 飛距離アップ

MENU

クラブヘッドを浮かすと振り切れる

ドライバーもアイアンもクラブヘッドを浮かすと振り切れていいように思います。
プロが使って良く飛ぶということから、アマチュアの間でもメタルヘッド、そして今どきのドライバーと進化して、その人気は相変わらずですね。

 

クラブヘッドを浮かす

 

確かに今どきのドライバーを使っているプロはみな距離を伸ばしています。
以前のパーシモンと比べても20ヤード以上は出ているのかな〜。

 

 

ですが、そのドライバーを使っているアマチュアの人たちの飛び方を見ていると、ボールが上がりきらないうちに失速して、キャリーが思ったほど出ていないことが多いように感じます。

 

 

というのも、パーシモンとメタルを比べてみるとシャフトからフェースの出方が全く違います。
パーシモンはシャフトのラインよりもフェースがやや前に出ていて、一方のメタルは、真っ直ぐに出ているんです。
ですので、メタルのほうがフェースが後方についている感じなんで、どうしても球の出だしが低くなってしまうんです。

 

 

だから、もっとキャリーを出すには、最後まで振り切る打ち方をしなければいけないと思うんです。
メタルヘッドを上から打ち込むようなスイングをすると、ボールが吹きあがり、すぐに失速してしまうようになるんですね。

 

 

それを防ぐには、クロスバンカーから打つように、首の付け根とボールの間隔を変えずにヘッドを浮かし気味にしておくといいように思います。

 

 

私はティーの高さに関係なく、クラブヘッドを地面にぴったりとはつけないようにし、かすかに浮かすようにして構えています。
そのほうがインパクトで手首が使いにくくなり、スイングリズムも一定で、打ち込まれずにスムーズに振り抜けるようになって、飛距離も伸びています。('ω')ノ

 

 

ゴルフ上達「究極リズムシンクロ打法」の詳細を見てみる

 

関連ページ

一軸理論で飛距離アップ
クラブを楽に振る
テークバックの始動はどこから
ダウンスイングは体を一気に左に向ける
ボールを上げるには腕は縦振り
正しいトップの形を作るには!?
アイアンのミスをなくす練習法
フェアウェイウッドの打ち方
捻転はゆっくりでないと出来ない
アドレスの体重配分で飛距離アップ
グリップの握り方次第で飛距離も伸びる
飛距離とスコアアップに良いクラブとは?
ドライバーのスライスの原因と直し方
朝一のティーショットはこれで克服
スライスを防ぎ飛距離を伸ばす肩の回し方
ダフリやトップが多くスイング軸がブレる
ヘッドスピードを上げる方法
どのクラブでもスイングはひとつ
アプローチショットの打ち方のコツ
長いクラブを使いこなすコツ
ゴルフスイングのタメの作り方とリズムの取り方
フェアウェイウッドが苦手
竹ぼうきの素振りで飛ばしのスイングリズムが身につく
ゴルフスイングのゆっくり振るの勘違い
ロングアイアンが打てない
女性のフェアウェイウッドの打ち方
ゴルフのテークバックはゆっくり
ドライバーとアイアンの打ち方は同じ
明治の大砲になっていませんか?
右肘の使い方
アイアンも一定のテンポでスイングしょう
スイングプレーンを安定させる