スイングプレーン 安定させる ゴルフ上達 究極リズムシンクロ打法 森本光洋 飛距離アップ

MENU

スイングプレーンを安定させる

スイングプレーンを安定させることが出来ていますか?
優れたゴルフプレーヤーはスイングが静かにみえて、それほど力いっぱいに振っているように見えないものですね。そのうえインパクトの音もそれほど大きくありません。

 

 

これは、身体の使い方が柔らかいということもあるでしょうが、何よりスイングプレーンが安定していて狂わないということが大きいと思います。
ご存じかと思いますが、スイングプレーンとは、狙っているターゲットとボールを繋ぐ直線とアドレスの際の両肩、更には首の付け根を通って伸びている傾いた仮想の平面のことです。

 

 

実際に上手い選手は、首を元にしてクラブを振っているように見えます。
膝は突っ張らずにゆとりを持たせ、下腹に少し力を入れ胸にも張りを持たせます。
そして、両肘を体の前にして、両脇を締めて狭くして構えます。

 

 

このようにすることでテークバックで肩も回りやすくなります。
両腕に力を入れるのは良くないといっても、腕をだらんとさせていたのでは、手首や肘から先の遠心力しか使えないで、パワーをロスさせてしまいます。

 

 

ですので、手首がぐらっかないように固めておき、両腕で作った三角形を崩さないでバックスイングに入れば体も十分に捻れるようになれます。
これでダウンスイング、そしてインパクトと繋げれば、体の中から出る遠心力がクラブに伝わりヘッドスピードも上がり、ボールに体重を乗せて打てるようになります。

 

 

結果、スイングも滑らかでスイングプレーンが狂わず軌道が一定します。
いつでも同じところをクラブヘッドが一気に振り抜けるようになりますし、それでいてアップライトになるので重力による加速もつき、飛んで曲がらないようになるでしょう。

 

 

なお、アイアンでちょっとボールが沈んでいる時などでも、フライヤーにならないように打つには、スイングプレーンを同様にしてガッンとぶつけるような打ち方ではなく、ボールとターフ(芝生)を一緒にスパッと一気に振り抜いてやるといいと思いますよ。

 

関連ページ

一軸理論で飛距離アップ
クラブを楽に振る
テークバックの始動はどこから
ダウンスイングは体を一気に左に向ける
ボールを上げるには腕は縦振り
正しいトップの形を作るには!?
アイアンのミスをなくす練習法
フェアウェイウッドの打ち方
捻転はゆっくりでないと出来ない
アドレスの体重配分で飛距離アップ
グリップの握り方次第で飛距離も伸びる
飛距離とスコアアップに良いクラブとは?
ドライバーのスライスの原因と直し方
朝一のティーショットはこれで克服
スライスを防ぎ飛距離を伸ばす肩の回し方
ダフリやトップが多くスイング軸がブレる
ヘッドスピードを上げる方法
どのクラブでもスイングはひとつ
アプローチショットの打ち方のコツ
長いクラブを使いこなすコツ
ゴルフスイングのタメの作り方とリズムの取り方
フェアウェイウッドが苦手
竹ぼうきの素振りで飛ばしのスイングリズムが身につく
ゴルフスイングのゆっくり振るの勘違い
ロングアイアンが打てない
女性のフェアウェイウッドの打ち方
ゴルフのテークバックはゆっくり
ドライバーとアイアンの打ち方は同じ
明治の大砲になっていませんか?
右肘の使い方
アイアンも一定のテンポでスイングしょう
クラブヘッドを浮かすと振り切れる