アイアン テンポ ゴルフ上達 究極リズムシンクロ打法 森本光洋 飛距離アップ

MENU

アイアンも一定のテンポでスイングしょう

クラブの長さに関係なく一定のテンポでスイングしていますか?
アイアンも、それを守って、ゆったりと伸びやかに大きく振れば、ミスは起こりにくいものです。

 

 

ところが、実際のプレーになると、様々なプレッシャーも掛かってくことから、自分のスイングのテンポやリズムが崩れてしまいます。
特にアイアンショットはグリーンに乗せることが目的なので、飛距離よりも正確性がより要求されますが、ドライバーショットと違って地面に置いてあるボールを打つだけに、最初は難しく感じます。

 

 

その為、ボールの置かれている状態(ライ)や打っていく目標周辺の状況をなどをチェックして使用クラブを決めて、打つ方向を確認したら、余計なことは考えずに振ることだけに専念することが大切です。

 

 

長くても短いクラブでも一定のテンポでリズム良くスイングするのが理想です。
また、アイアンには番手があり、これをどのように使い分けるかもスコアメイクには大事なポイントで、しいてはそれがゴルフの上達に繋がります。

 

 

大抵のアマチュアゴルファーは、目いっぱい打とうとしすぎる傾向があり、このような時に限って大きなミスが起こりやすいものです。
そのような場合、私がやっているのは、握っているクラブよりも一番手長いクラブに持ちかえるようにしています。

 

 

そして、フルショットではなく7〜8割くらいのスイングをすれば、テンポもリズム良くなり、ナイスショットに繋がりやすいです。
いずれにしても、ゴルフクラブの長短に関係なく一定のテンポとリズムでスイングすることが飛距離も方向性も安定してきます。

 

 

明日からのスコアが、最低でも10は縮められます!

 

ゴルフ上達「究極リズムシンクロ打法」の詳細を見てみる

 

関連ページ

一軸理論で飛距離アップ
クラブを楽に振る
テークバックの始動はどこから
ダウンスイングは体を一気に左に向ける
ボールを上げるには腕は縦振り
正しいトップの形を作るには!?
アイアンのミスをなくす練習法
フェアウェイウッドの打ち方
捻転はゆっくりでないと出来ない
アドレスの体重配分で飛距離アップ
グリップの握り方次第で飛距離も伸びる
飛距離とスコアアップに良いクラブとは?
ドライバーのスライスの原因と直し方
朝一のティーショットはこれで克服
スライスを防ぎ飛距離を伸ばす肩の回し方
ダフリやトップが多くスイング軸がブレる
ヘッドスピードを上げる方法
どのクラブでもスイングはひとつ
アプローチショットの打ち方のコツ
長いクラブを使いこなすコツ
ゴルフスイングのタメの作り方とリズムの取り方
フェアウェイウッドが苦手
竹ぼうきの素振りで飛ばしのスイングリズムが身につく
ゴルフスイングのゆっくり振るの勘違い
ロングアイアンが打てない
女性のフェアウェイウッドの打ち方
ゴルフのテークバックはゆっくり
ドライバーとアイアンの打ち方は同じ
明治の大砲になっていませんか?
右肘の使い方
スイングプレーンを安定させる
クラブヘッドを浮かすと振り切れる