アイアン テンポ ゴルフ上達 究極リズムシンクロ打法 森本光洋 飛距離アップ

MENU

アイアンも一定のテンポでスイングしょう

クラブの長さに関係なく一定のテンポでスイングしていますか?
アイアンも、それを守って、ゆったりと伸びやかに大きく振れば、ミスは起こりにくいものです。

 

 

ところが、実際のプレーになると、様々なプレッシャーも掛かってくことから、自分のスイングのテンポやリズムが崩れてしまいます。
特にアイアンショットはグリーンに乗せることが目的なので、飛距離よりも正確性がより要求されますが、ドライバーショットと違って地面に置いてあるボールを打つだけに、最初は難しく感じます。

 

 

その為、ボールの置かれている状態(ライ)や打っていく目標周辺の状況をなどをチェックして使用クラブを決めて、打つ方向を確認したら、余計なことは考えずに振ることだけに専念することが大切です。

 

 

長くても短いクラブでも一定のテンポでリズム良くスイングするのが理想です。
また、アイアンには番手があり、これをどのように使い分けるかもスコアメイクには大事なポイントで、しいてはそれがゴルフの上達に繋がります。

 

 

大抵のアマチュアゴルファーは、目いっぱい打とうとしすぎる傾向があり、このような時に限って大きなミスが起こりやすいものです。
そのような場合、私がやっているのは、握っているクラブよりも一番手長いクラブに持ちかえるようにしています。

 

 

そして、フルショットではなく7〜8割くらいのスイングをすれば、テンポもリズム良くなり、ナイスショットに繋がりやすいです。
いずれにしても、ゴルフクラブの長短に関係なく一定のテンポとリズムでスイングすることが飛距離も方向性も安定してきます。

 

 

明日からのスコアが、最低でも10は縮められます!

 

ゴルフ上達「究極リズムシンクロ打法」の詳細を見てみる