右肘 使い方 ゴルフ上達 究極リズムシンクロ打法 森本光洋 飛距離アップ

MENU

右肘の使い方

ゴルフでの右肘の使い方が上手く出来ていますか?
アマチュアゴルファーに多いのが、右肘を絞ってタメをキープするとか、根拠のないレッスンに振り回されている為に、自然な腕の動きが出来ていない人が少なくありません。

 

 

その為に、ダウンスイングで右手のひらがあらぬ方向に向く動きをしたり、右腕をアウトサイドから下ろしたりと、それが正しいと勘違いしています。

 

 

これでは、例え下半身が体の中心より先に動くようなダウンスイングが出来たとしても、腕を振る軌道が間違ったままでは、インパクトを正しく迎えることが出来なくなってしまいます。

 

 

インパクトは、アドレスの再現ではありませんが、グリップはアドレスの位置に戻さなくてはいけません。
これがずれたスイングでは、ボールをジャストミートが難しくなってしまいます。

 

 

そして、アドレスした位置にグリップを戻すには、腕の振りを出来るだけシンプルにする必要があります。
それを理解するには、実際に体験してみることが一番です。

 

 

それには、左手を自分のアドレスの位置に残して、ボールを打つつもりで右手を振り上げて、そこから右手のひらでパチンと左手のひらを叩いてみてください。
この時の自然な右腕の使い方が、実際のスイングにおいての正しいモーションです。

 

 

ところが、クラブを持ってスイングすると、これが出来る人はとても少ないのです。
ですが、これがしぅかり出来るようになれば、全くゴルフをやったことがないような初心者でも、右肘を絞ったり、右手のひらを上に向けるようにして右腕を振り下ろしたりすることはなくなる筈です。

 

 

いずれにしても、ダウンスイングが始まったら、指先に血が集まるようなイメージを持って同じリズムで行うと、腕を正しく振り下ろせるようになってくるでしょう。

 

 

あなたに合ったスイングは自分に適したアドレス、姿勢、グリップから始まる。

 

ゴルフ上達「究極リズムシンクロ打法」の詳細を見てみる