明治の大砲 ゴルフ上達 究極リズムシンクロ打法 森本光洋 飛距離アップ

MENU

明治の大砲になっていませんか?

ゴルフで明治の大砲になっていませんか?
飛ばしたい、球を上げたいという気持ちが強いと、ダウンスイングでも左に重心が乗っていかず、右に体重を残してスイングが左上がりのアッパー軌道になりやすいものです。

 

 

これがいわゆる明治の大砲ですが、これでは手首のタメを保ったままボールをとらえようとしてもヘッドが届かず、早い段階で手首をほどいてしまいます。
これが極端になればアイアンならダブってしまいますし、それを避けようとすると酷いトップになってチョロになるかもしれませんね。

 

 

こういった場合は、正しい体重移動を身につけてスイング軌道を修正することも必要ですが、更にアッパースイングでは飛ばないという認識がを持つことが大切です。
また、場合によっては球が上がりやすいクラブを使うのも良いかもしれませんよ。

 

 

今は低スピンで打つドライバーが増えているので、上がりやすく飛距離もでるのです。
何より、アッパースイングしたのでは、他のアイアンの打ち方と違ってきます。

 

 

特にアマチュアゴルファーの方は、体重移動を行うことでタイミングが合わなくなることが多いので、無理にせずに体の中心軸を動かさない一軸スイングを行った方が良いでしょうね。

 

 

更に、手首を使ってフェースを返そうという意識が強すぎる場合も、明治の大砲になりやすいです。
肘と手首の間の前腕からの回転ではなく、左手首を甲側に折るような動きでこねてフェースを返そうとすると、ダウンスイングで手首が早くにほどけてしまいます。

 

 

こうした動きになるのは、ヘッドをボールに早く当てたいという意識が強いことで起こることもありますが、スライスに悩んでいた方が、手を返せというレッスンを勘違いして、手首を使って返そうという動きが身についてしまった場合もあります。
これも体の動きばかりにとらわれ、リズムを気にしないこれまでレッスンの弊害かもしれません。

 

 

あなたの体格にマッチしたゴルフ上達法をお教えします!

ドライバーからアイアン、アプローチに至るまで全てスイングリズムを一定に。

 

ゴルフ上達「究極リズムシンクロ打法」の詳細を見てみる

 

関連ページ

一軸理論で飛距離アップ
クラブを楽に振る
テークバックの始動はどこから
ダウンスイングは体を一気に左に向ける
ボールを上げるには腕は縦振り
正しいトップの形を作るには!?
アイアンのミスをなくす練習法
フェアウェイウッドの打ち方
捻転はゆっくりでないと出来ない
アドレスの体重配分で飛距離アップ
グリップの握り方次第で飛距離も伸びる
飛距離とスコアアップに良いクラブとは?
ドライバーのスライスの原因と直し方
朝一のティーショットはこれで克服
スライスを防ぎ飛距離を伸ばす肩の回し方
ダフリやトップが多くスイング軸がブレる
ヘッドスピードを上げる方法
どのクラブでもスイングはひとつ
アプローチショットの打ち方のコツ
長いクラブを使いこなすコツ
ゴルフスイングのタメの作り方とリズムの取り方
フェアウェイウッドが苦手
竹ぼうきの素振りで飛ばしのスイングリズムが身につく
ゴルフスイングのゆっくり振るの勘違い
ロングアイアンが打てない
女性のフェアウェイウッドの打ち方
ゴルフのテークバックはゆっくり
ドライバーとアイアンの打ち方は同じ
右肘の使い方
アイアンも一定のテンポでスイングしょう
スイングプレーンを安定させる
クラブヘッドを浮かすと振り切れる