ドライバー アイアン 打ち方 ゴルフ上達 究極リズムシンクロ打法 森本光洋 飛距離アップ

MENU

ドライバーとアイアンの打ち方は同じ

ドライバーとアイアンの打ち方は違うと思っていませんか?
ドライバーはアッパーブロー、アイアンはダウンブローと言われるので、打ち方が違っていると思っている方もいるでしょう。

 

 

ですが、クラブが違ってもスイングそのものは同じなんですね。
では何故、ボールのとらえ方が違ってくるのでしょうか?
それはスタンスの幅とボールの位置で決まってくるのです。

 

 

スタンスはクラブが短くなるにつれて狭くなり、ボールのとらえ方が違ってきます。
ですので、ドライバーはシャフトが長い分だけスタンス幅が広く、ボールの位置が左かかとの延長線上にくるのでアッパーブローの軌道になるわけです。

 

 

一方、アイアンはスタンス幅が狭く、ボールの真上に頭がくるようになり、ドライバーのように横からではなく上から見下ろす構えになり、そこから頭の位置を変えないで振ればおのずと上からボールをとらえる打ち方になるんですね。

 

 

アイアンはダウンブローといっても、意識的に打ち込んだりしているわけではないのです。
クラブが短くなるにつれてスイングプレーンが立ってくるようになるので、上からという打ち方が強くなるだけのことで、そこから更に打ち込んだり、上げよとしてはいけません。

 

 

要は、クラブに合ったスイングプレーン通りに振れば、自然にドライバーはアッパー、アイアンはアッパーブローになるということで、打ち方は同じです。

 

 

これを踏まえ、このティチングプロの森本光洋さんのゴルフ上達「究極リズムシンクロ打法」では、"8番アイアン1本だけ”を使いスイングを習得出来るので、女性からシニアの方まで時間をかけることなく、飛んで曲がらない自分に適したスイングが短期間で無理なく身につけられます。

 

あなたの体格にマッチしたゴルフ上達法をお教えします!

 

ゴルフ上達「究極リズムシンクロ打法」の詳細を見てみる

 

関連ページ

一軸理論で飛距離アップ
クラブを楽に振る
テークバックの始動はどこから
ダウンスイングは体を一気に左に向ける
ボールを上げるには腕は縦振り
正しいトップの形を作るには!?
アイアンのミスをなくす練習法
フェアウェイウッドの打ち方
捻転はゆっくりでないと出来ない
アドレスの体重配分で飛距離アップ
グリップの握り方次第で飛距離も伸びる
飛距離とスコアアップに良いクラブとは?
ドライバーのスライスの原因と直し方
朝一のティーショットはこれで克服
スライスを防ぎ飛距離を伸ばす肩の回し方
ダフリやトップが多くスイング軸がブレる
ヘッドスピードを上げる方法
どのクラブでもスイングはひとつ
アプローチショットの打ち方のコツ
長いクラブを使いこなすコツ
ゴルフスイングのタメの作り方とリズムの取り方
フェアウェイウッドが苦手
竹ぼうきの素振りで飛ばしのスイングリズムが身につく
ゴルフスイングのゆっくり振るの勘違い
ロングアイアンが打てない
女性のフェアウェイウッドの打ち方
ゴルフのテークバックはゆっくり
明治の大砲になっていませんか?
右肘の使い方
アイアンも一定のテンポでスイングしょう
スイングプレーンを安定させる
クラブヘッドを浮かすと振り切れる