テークバック ゆっくり ゴルフ上達 究極リズムシンクロ打法 森本光洋 飛距離アップ

MENU

ゴルフのテークバックはゆっくり

ゴルフのテークバックはゆっくり行っていますか?
そもそもバックスイングで大きいスイングアークを描くには、ゆっくりと静かに、そしてスムーズにクラブヘッドを動かすことが大切なんですね。

 

 

スイングアークとは、ご存じだと思いますが、スイングした時に、クラブヘッドが描く円弧軌道のことで、大きいほど飛距離も出ます。
ですが、逆に大きくなればコントロールが難しくなります。

 

 

その為、手首や下半身などの反動を使わずにゆっくりと行うことがポイントです。
もし、反動を使うと、かえってスイングアークが小さくなりますし、正しい軌道上をクラブヘッドが走りにくくなってしまいます。

 

 

何より、ゴルフスイングに大切なリズムやテンポも悪くなってしまうんですね。
したがって、丁寧にテークバックし、この時には体と手首の間隔は変えないようにします。

 

 

また、手首の無駄な動きをおさえてバックスイングを大きくとるには、左肩からクラブヘッドまでを一つにして動かすと良いです。
それには、単に左肩から動かそうとするのではなく、背中の左側の背筋を使うようにすると一体化しやすく、スムーズに左サイドが回転してくるようになります。

 

 

この時の左の肩、腕、手首はアドレスのまま、左側の背筋の動きにつれて動くだけでいいので、クラブを手でテークバックしょうとする必要もなく、リズムよく楽にスイングができます。
更に、ダウンスイングでこれまでより遙かにクラブが軽く感じられ、ヘッドスピードも上がり飛距離もぐんと伸びるでしょう。

 

 

このティチングプロの森本光洋さんのゴルフ上達「究極リズムシンクロ打法」では、素振り法を数日間実践するだけで、結果的にあなたに適した正しい手首、膝、腰の回転角度を自然と身につけることができ、これまでのような小難しいゴルフ理論は一切不要です。

 

あなたの体格にマッチしたゴルフ上達法をお教えします!

 

ゴルフ上達「究極リズムシンクロ打法」の詳細を見てみる

 

関連ページ

一軸理論で飛距離アップ
クラブを楽に振る
テークバックの始動はどこから
ダウンスイングは体を一気に左に向ける
ボールを上げるには腕は縦振り
正しいトップの形を作るには!?
アイアンのミスをなくす練習法
フェアウェイウッドの打ち方
捻転はゆっくりでないと出来ない
アドレスの体重配分で飛距離アップ
グリップの握り方次第で飛距離も伸びる
飛距離とスコアアップに良いクラブとは?
ドライバーのスライスの原因と直し方
朝一のティーショットはこれで克服
スライスを防ぎ飛距離を伸ばす肩の回し方
ダフリやトップが多くスイング軸がブレる
ヘッドスピードを上げる方法
どのクラブでもスイングはひとつ
アプローチショットの打ち方のコツ
長いクラブを使いこなすコツ
ゴルフスイングのタメの作り方とリズムの取り方
フェアウェイウッドが苦手
竹ぼうきの素振りで飛ばしのスイングリズムが身につく
ゴルフスイングのゆっくり振るの勘違い
ロングアイアンが打てない
女性のフェアウェイウッドの打ち方
ドライバーとアイアンの打ち方は同じ
明治の大砲になっていませんか?
右肘の使い方
アイアンも一定のテンポでスイングしょう
スイングプレーンを安定させる
クラブヘッドを浮かすと振り切れる