ロングアイアン 打てない ゴルフ上達 究極リズムシンクロ打法 森本光洋 飛距離アップ

MENU

ロングアイアンが打てない

ロングアイアンが上手く打てないという悩みはありませんか?
フェアウェイウッドと同様に、ロングアイアンもボールを高く上げて飛距離を出したくなるクラブですよね。

 

 

ですが、この意識が強過ぎてボールを強く叩いてしまうと、かえって遠くに飛ばないばかりか、体のバランスも崩し、それでなくても難しいクラブをより一層苦手にして、使いこなせなくなってしまいかねません。

 

 

その為、まずはボールを上げたい、飛ばしたいという気持ちを取り去ることが大切でしょう。
それでなくてもロフト角が小さい上にシャフトが長く、ヘッドも小さいので、ボールをクラブの芯でとらえるのさえ難しく感じるものです。

 

 

そんな苦手意識を解消するロングアイアンの練習方法としては、練習場で低くティアップ(1〜1.5cm程度)して打つようにすると良いですね。ですが、高くしてしまうとかえって打ちづらくなります。
このようにボールを打ちやすくして、正しくクラブでとらえられるまで、ティアップして十分に練習するようにするのです。

 

 

そして、まずは8番のショートアイアンを使って、しっかりボールをとらえる感触を掴んでから、ロングアイアンで打つようにします、
つまり徐々にならしていくわけです。

 

 

そして、打ち急がずにゆっくりと、力が入りすぎないようにして、目標にヘッドを振り抜くようにすれば、そのアイアンにふさわしい飛距離を飛ばせるようになれるでしょう。

 

 

このティチングプロの森本光洋さんのゴルフ上達「究極リズムシンクロ打法」は、8番アイアン1本のクラブを使い、1つのスイングを身につけるだけで良いから、年齢性別問わず短期間で習得でき、インパクトの瞬間にいきなりボールが右方向に飛び出してしまうシャンクやスライスなども減り、難しく感じられるロングアイアンの打ち方も今後色々迷わないでで済むでしょう。

 

ロングアイアンに苦手意識がある方必見!

 

ゴルフ上達「究極リズムシンクロ打法」の詳細を見てみる

 

関連ページ

一軸理論で飛距離アップ
クラブを楽に振る
テークバックの始動はどこから
ダウンスイングは体を一気に左に向ける
ボールを上げるには腕は縦振り
正しいトップの形を作るには!?
アイアンのミスをなくす練習法
フェアウェイウッドの打ち方
捻転はゆっくりでないと出来ない
アドレスの体重配分で飛距離アップ
グリップの握り方次第で飛距離も伸びる
飛距離とスコアアップに良いクラブとは?
ドライバーのスライスの原因と直し方
朝一のティーショットはこれで克服
スライスを防ぎ飛距離を伸ばす肩の回し方
ダフリやトップが多くスイング軸がブレる
ヘッドスピードを上げる方法
どのクラブでもスイングはひとつ
アプローチショットの打ち方のコツ
長いクラブを使いこなすコツ
ゴルフスイングのタメの作り方とリズムの取り方
フェアウェイウッドが苦手
竹ぼうきの素振りで飛ばしのスイングリズムが身につく
ゴルフスイングのゆっくり振るの勘違い
女性のフェアウェイウッドの打ち方
ゴルフのテークバックはゆっくり
ドライバーとアイアンの打ち方は同じ
明治の大砲になっていませんか?
右肘の使い方
アイアンも一定のテンポでスイングしょう
スイングプレーンを安定させる
クラブヘッドを浮かすと振り切れる