スイング ゆっくり振る ボールを飛ばすコツ ゴルフ上達 究極リズムシンクロ打法 森本光洋 飛距離アップ

MENU

ゴルフスイングのゆっくり振るの勘違い

ゴルフトーナメントなどのTV中継を見て、 「あの選手は、あんなにゆったり振ってどうしてあそこまで飛ぶのだろう」 と思ったことはありませんか?

 

 

ですが、ゴルフスイングの基本がある程度分かってくると、形を覚えるだけではいけないと気づくものです。
どんなにスイングが良くても、リズムとタイミングが悪ければ、遠くにボールを飛ばすことが出来ませんし、方向性も悪くなってしまうからです。

 

 

また、多くのアマチュアゴルファーは、ゴルフスイングのゆっくり振ることを勘違いしている人少なくありませんね。
スイングをリズムを良くする為には、ゆっくり振るようにしなければならないと思いがちですが、ゆっくりとしたスイングとスムーズな滑らかなスイングというのは根本的に違います。

 

 

もちろん、急いだスイングはいけませんが、ゆっくりとしたスイングも良くないのです。
何故なら、スイングがゆっくりになるとゴルファーが自分でコントロールすることが多くなり、スイングに必要な力が大きくなってしまうからです。

 

 

しかも、それに反してへッドスピードが極端に遅くなって非効率なスイングになり、いくら練習してもこれではボールも飛ばず、飛距離も出ません。
ちょっと見ゆったりとしたゆっくりスイングしているプロでも、実際に同じタイミングでスイングしてみれば分かりますが、スイングがいかに速いかが分かります。

 

 

ゴルフは回転運度なので、スイングに速度があってこそ、ヘッドスピードも速くすることができ、飛距離も伸びるのです。
今より飛んで、曲がらないスイングを身につけたいなら、全体の動きの流れを壊さずに、お尻と脚の大きな筋肉を使って「急いだではない」速いスイングをすることが大切です。

 

 

これが力に頼らないで年齢や性別を問わずに飛距離も伸び、ゴルフが飛躍的に上達するキーポイントになるでしょう。

 

関連ページ

一軸理論で飛距離アップ
クラブを楽に振る
テークバックの始動はどこから
ダウンスイングは体を一気に左に向ける
ボールを上げるには腕は縦振り
正しいトップの形を作るには!?
アイアンのミスをなくす練習法
フェアウェイウッドの打ち方
捻転はゆっくりでないと出来ない
アドレスの体重配分で飛距離アップ
グリップの握り方次第で飛距離も伸びる
飛距離とスコアアップに良いクラブとは?
ドライバーのスライスの原因と直し方
朝一のティーショットはこれで克服
スライスを防ぎ飛距離を伸ばす肩の回し方
ダフリやトップが多くスイング軸がブレる
ヘッドスピードを上げる方法
どのクラブでもスイングはひとつ
アプローチショットの打ち方のコツ
長いクラブを使いこなすコツ
ゴルフスイングのタメの作り方とリズムの取り方
フェアウェイウッドが苦手
竹ぼうきの素振りで飛ばしのスイングリズムが身につく
ロングアイアンが打てない
女性のフェアウェイウッドの打ち方
ゴルフのテークバックはゆっくり
ドライバーとアイアンの打ち方は同じ
明治の大砲になっていませんか?
右肘の使い方
アイアンも一定のテンポでスイングしょう
スイングプレーンを安定させる
クラブヘッドを浮かすと振り切れる