竹ぼうき 素振り スイングリズム ゴルフ上達 究極リズムシンクロ打法 森本光洋 飛距離アップ

MENU

竹ぼうきの素振りで飛ばしのスイングリズムが身につく

ゴルフの練習で竹ぼうきを使った素振りの練習が効果的と聞いたことはありませんか?
既にインターネット等でも数多く取り上げられているので、知っているアマチュアゴルファーの方も多いかもしれませんね。

 

 

そして、この竹箒を振ることは、飛ばしのスイングリズムを身につけるにはもってこいの練習になるんですね。
長くて重めのものなら何でもいいですが、竹箒なら自宅にある人も多いでしょうし、ホームセンターでも300円前後で購入できます。

 

 

そもそも竹ぼうきや長くて重い物を素振りをしようとすると、手先や腕だけでは振れず、結局は体全体を使ってでないと振ることができません。
つまり、アマチュアゴルファーに多く見られる手先などで振るのではなく、身体を使って振る感覚が身につけることが出来るのです。

 

 

また、普通に竹箒でスイングするのは出来ないので、地面を履くような感じで行いますが、出来るようになった、次に連続して素振りを行ってみましょう。

 

 

この時には、フィニッシュまで行ったら、いちいちアドレスに戻ってしまわないで、逆に回してバックスイングに移り、また振るというように、一連のスイングの動きを反復するのです。

 

 

この竹ぼうきの素振りを連続して行うことで、アマチュアゴルファーに多く見られる、スイングする時のぎこちなさがなくなり、スムーズにテークバック出来るようになれるんですね。
何より、身体を使って行うので、スイングのリズムも一定になり、ここで得られたものこそが、あなたに合ったスイングリズムとも言えるのです。

 

 

いずれにしても、スコアを一気に縮めるには、ドライバーからアイアン、アプローチに至るまで全てスイングリズムを一定にすることです。
これができれば、飛距離も伸び、あなたのスコアは明日にも10打以上は縮まります。

 

関連ページ

一軸理論で飛距離アップ
クラブを楽に振る
テークバックの始動はどこから
ダウンスイングは体を一気に左に向ける
ボールを上げるには腕は縦振り
正しいトップの形を作るには!?
アイアンのミスをなくす練習法
フェアウェイウッドの打ち方
捻転はゆっくりでないと出来ない
アドレスの体重配分で飛距離アップ
グリップの握り方次第で飛距離も伸びる
飛距離とスコアアップに良いクラブとは?
ドライバーのスライスの原因と直し方
朝一のティーショットはこれで克服
スライスを防ぎ飛距離を伸ばす肩の回し方
ダフリやトップが多くスイング軸がブレる
ヘッドスピードを上げる方法
どのクラブでもスイングはひとつ
アプローチショットの打ち方のコツ
長いクラブを使いこなすコツ
ゴルフスイングのタメの作り方とリズムの取り方
フェアウェイウッドが苦手
ゴルフスイングのゆっくり振るの勘違い
ロングアイアンが打てない
女性のフェアウェイウッドの打ち方
ゴルフのテークバックはゆっくり
ドライバーとアイアンの打ち方は同じ
明治の大砲になっていませんか?
右肘の使い方
アイアンも一定のテンポでスイングしょう
スイングプレーンを安定させる
クラブヘッドを浮かすと振り切れる