フェアウェイウッド 苦手 ゴルフ上達 究極リズムシンクロ打法 森本光洋 飛距離アップ

MENU

フェアウェイウッドが苦手

フェアウェイウッドが苦手という悩みはありませんか?
スイングのタイミングがとりにくかったり、スライスやダフりになってしまうという方も少なくないでしょう。

 

 

特に女性のアマチュアゴルファーに比較的多く見られますが、フェアウェイウッドは飛距離がでない女性やシニアの方ににとって、大きな助けになるクラブです。

 

 

ロングホールや距離のあるミドルホールの2打目、長いショートホールのティショットなど、使い道の多いクラブなので、その特性を生かせるスイング(打ち方)が出来るようになりたいものですね。

 

 

そもそもフェアウェイウッドが苦手な人が多いのは、シャフトが長くドライバーのようにティアップして打てないからでしょう。
ですが、多少ダフってもソール幅が広いので芝の上を滑るという特性があり、思いのほかミスショットの少ないクラブとも言えます。

 

 

そしてフェアウェイウッドの打ち方は、この特性を生かしたスイング心がけることが大切になります。
両膝の高さは常に一定に保って腰を水平に回し、ソールを芝の上で滑らせてインパクトエリアを広く使い、フォロースルーを低く大きくとってスイングします。

 

 

したがって、ゆったりとスイングアークを大きくとり、振り抜いていくようにすれば良いでしょう。

 

 

いずれにしても、フェアウェイウッドは飛距離が出ない女性やシニアの方にとって大きな武器になるクラブなので、スコアのアップや安定させる為にも、フェアウェイウッドのクラブの特性を活かせるスイング(打ち方)が出来るようになることが大切でしょう。

 

 

このティチングプロの森本光洋さんのゴルフ上達「究極リズムシンクロ打法」は、8番アイアンたった1本で練習することによって、ドライバー、フェアウェイウッド、ユーティリティー、ロングアイアン、ショートアイアン、ウェッジに至るまで全てのショットを完成することが可能なので、各クラブで苦手意識がある人はとても参考になるでしょう。

 

進化したクラブに合った年齢、体格、性別関係なしのゴルフ上達法!

 

ゴルフ上達「究極リズムシンクロ打法」の詳細を見てみる

 

関連ページ

一軸理論で飛距離アップ
クラブを楽に振る
テークバックの始動はどこから
ダウンスイングは体を一気に左に向ける
ボールを上げるには腕は縦振り
正しいトップの形を作るには!?
アイアンのミスをなくす練習法
フェアウェイウッドの打ち方
捻転はゆっくりでないと出来ない
アドレスの体重配分で飛距離アップ
グリップの握り方次第で飛距離も伸びる
飛距離とスコアアップに良いクラブとは?
ドライバーのスライスの原因と直し方
朝一のティーショットはこれで克服
スライスを防ぎ飛距離を伸ばす肩の回し方
ダフリやトップが多くスイング軸がブレる
ヘッドスピードを上げる方法
どのクラブでもスイングはひとつ
アプローチショットの打ち方のコツ
長いクラブを使いこなすコツ
ゴルフスイングのタメの作り方とリズムの取り方
竹ぼうきの素振りで飛ばしのスイングリズムが身につく
ゴルフスイングのゆっくり振るの勘違い
ロングアイアンが打てない
女性のフェアウェイウッドの打ち方
ゴルフのテークバックはゆっくり
ドライバーとアイアンの打ち方は同じ
明治の大砲になっていませんか?
右肘の使い方
アイアンも一定のテンポでスイングしょう
スイングプレーンを安定させる
クラブヘッドを浮かすと振り切れる