アプローチショット 打ち方 コツ ゴルフ上達 究極リズムシンクロ打法 森本光洋 飛距離アップ

MENU

アプローチショットの打ち方のコツ

アプローチショットの打ち方が上手く出来ていますか?
女性ゴルファーなどの飛距離が出ない人にとって、50ヤード以下のアプローチはスコアメイクの重要なカギになりますね。

 

まずは、森本光洋さんのリズムシンクロ打法のレッスン動画をご覧下さい↓↓

 

 

 

例えば、基準打数が4のミドルホールでは、2打ともナイスショットしたとしても、グリーンまで40〜50ヤードと中途半端に残ってしまうこともあります。
ですが、そんな時に確実にグリーンにアプローチできるショットが打てるようになれば、悪くてもボギー、あわよくばパーであがることも出来ますね。

 

 

また、アプローチのアドレスはターゲットラインよりも左向きになるようにスタンスを取るオープンに構えると良いと言われていますが、初心者は両肩や両膝を飛球線に対して平行になるスクエアに構えた方が良いでしょう。

 

 

そして、距離を合わせるアプローチショットの打ち方は、スイングの大きさで調節したり、クラブを短く持つという方もいます。
ですが、アプローチショットのコツは、基本的に距離はトップとフォローの大きさで合わせると良いと思います。

 

 

例を挙げると、30ヤードならトップを右肩の高さに上げ、フォローは左肩の高さより上に収めるようにします。
したがって、トップ1に対して、フォロー2の割合でスイングするのです。

 

 

これを基準にして40ヤードならトップを右肩よりやや上げて打ち、20ヤードならトップは右肩より少し下げるようにします。
そして、練習場に行ったらアプローチに全体の練習量の30%かけて、自分の打ったボールが地面に到達するまでの距離であるキャリーの感覚を磨くようにしましょう。

 

 

ただ、ボールがグリーンに落ちてからの転がる距離のランは、コースに行った際に覚えるしかありません。

 

 

いずれにしても、せっかくグリーン近くまでボールを運ぶことが出来ても、アプローチに失敗すれば、ダブルボギーかそれ以上叩いてしまうことだってあり、アプローチのミスは取り返しがつかないので、しっかり練習することが大切でしょう。

 

関連ページ

一軸理論で飛距離アップ
クラブを楽に振る
テークバックの始動はどこから
ダウンスイングは体を一気に左に向ける
ボールを上げるには腕は縦振り
正しいトップの形を作るには!?
アイアンのミスをなくす練習法
フェアウェイウッドの打ち方
捻転はゆっくりでないと出来ない
アドレスの体重配分で飛距離アップ
グリップの握り方次第で飛距離も伸びる
飛距離とスコアアップに良いクラブとは?
ドライバーのスライスの原因と直し方
朝一のティーショットはこれで克服
スライスを防ぎ飛距離を伸ばす肩の回し方
ダフリやトップが多くスイング軸がブレる
ヘッドスピードを上げる方法
どのクラブでもスイングはひとつ
長いクラブを使いこなすコツ
ゴルフスイングのタメの作り方とリズムの取り方
フェアウェイウッドが苦手
竹ぼうきの素振りで飛ばしのスイングリズムが身につく
ゴルフスイングのゆっくり振るの勘違い
ロングアイアンが打てない
女性のフェアウェイウッドの打ち方
ゴルフのテークバックはゆっくり
ドライバーとアイアンの打ち方は同じ
明治の大砲になっていませんか?
右肘の使い方
アイアンも一定のテンポでスイングしょう
スイングプレーンを安定させる
クラブヘッドを浮かすと振り切れる