どのクラブでもスイングはひとつ ゴルフ上達 究極リズムシンクロ打法 森本光洋 飛距離アップ

MENU

どのクラブでもスイングはひとつ

クラブによって、スイングを思い悩んでいませんか?
ですが、基本的にはゴルフのスイングというものはどのクラブでも同じなんですね。ドライバー、アイアン、アプローチ用のスイングがあるわけではありません。

 

 

大切になってくるのは、体とグリップした両手の位置関係で、ドライバーでもアイアンでも、どのクラブを持っても体とグリップの間隔は同じにすることです。
こぶし一つ半から二つの間隔は、クラブによって決して変えません。

 

 

そしてゴルフクラブは、ドライバーからアイアンへと短くなってくるにしたがって、ボールとスタンスの間隔はおのずと近くなってきますね。
グリップと体の位置を変えないことで、適切なボールとの間隔を、クラブが自然に調節してくれるのです。

 

 

ですが、少しずつボールの左右の位置は変わってきます。
ドライバ―の場合は、ボールを左足かかとの内側の線を目安にしますが、これを基準にすると、フェアウッド、ミドルアイアン、ショートアイアンとクラブが短くなるにつれて、ボールは少しずつ右によってくることになります。

 

 

また、スタンスも当然、クラブが短くなるにつれて狭くなってきます。これによってクラブの長さが異なっても、スイングが変わらないように調節しているわけです。
ドライバーならシャフトが最も長くなるので、それだけ払うような感じになりますし、ショートアイアンの場合ならシャフトが短くなるので、同じスイングをしても縦振りのようになりますね。

 

 

したがって、ドライバー^はおのずと大きなフラットな弧を描き、ショートアイアンは、小さめなアップライトな弧を描くようになるのです。
プロゴルファーになると、打ちたいショットによって、スイングを変えていくことも出来ますが、アマチュアのゴルファーで、特に初心者の方なら尚更、ひとつのスイングに徹底したほうが上達が早く、時間をかけないで飛距離も伸び、スコアも安定してくるので賢明と言えるでしょう。

 

 

このティチングプロの森本光洋さんのゴルフ上達「究極リズムシンクロ打法」では、8番アイアン1本でしなりのきいた飛距離も出る1つスイングを身につけていきます。

なぜ8番アイアンなのかというと、それより短いクラブではシャフトが短く、しなりを感じにくい傾向にあり、また、逆にそれより長いクラブだと「飛距離」を気にして力んでスイングが乱れやすいからです。

 

1本のクラブを使い、1つのスイングを身につけるだけで良いから短期間で習得でき、美しいフォームで、しなやかなスイングになり、飛距離も伸びスコアもアップすることが出来るのです。

 

関連ページ

一軸理論で飛距離アップ
クラブを楽に振る
テークバックの始動はどこから
ダウンスイングは体を一気に左に向ける
ボールを上げるには腕は縦振り
正しいトップの形を作るには!?
アイアンのミスをなくす練習法
フェアウェイウッドの打ち方
捻転はゆっくりでないと出来ない
アドレスの体重配分で飛距離アップ
グリップの握り方次第で飛距離も伸びる
飛距離とスコアアップに良いクラブとは?
ドライバーのスライスの原因と直し方
朝一のティーショットはこれで克服
スライスを防ぎ飛距離を伸ばす肩の回し方
ダフリやトップが多くスイング軸がブレる
ヘッドスピードを上げる方法
アプローチショットの打ち方のコツ
長いクラブを使いこなすコツ
ゴルフスイングのタメの作り方とリズムの取り方
フェアウェイウッドが苦手
竹ぼうきの素振りで飛ばしのスイングリズムが身につく
ゴルフスイングのゆっくり振るの勘違い
ロングアイアンが打てない
女性のフェアウェイウッドの打ち方
ゴルフのテークバックはゆっくり
ドライバーとアイアンの打ち方は同じ
明治の大砲になっていませんか?
右肘の使い方
アイアンも一定のテンポでスイングしょう
スイングプレーンを安定させる
クラブヘッドを浮かすと振り切れる