ヘッドスピードを上げる方法 ゴルフ上達 究極リズムシンクロ打法 森本光洋 飛距離アップ

MENU

ヘッドスピードを上げる方法

ヘッドスピードを上げる方法をご存じですか?
ドライバーで飛距離をもっと出すには、スイングでのヘッドスピードの強化は不可欠ですよね。

 

 

そうは言っても、力任せにクラブを思い切り振るだけでは上がらないのが難しいところでしょう。
ヘッドスピードを上げるには体の使い方や体重移動、そしてスイングの軌道という3つの要因が正しく揃ってこそグンと上がり、飛距離も伸びるようになるのです。

 

 

そして、まず体の使い方ですが、ヘッドスピードが遅いアマチュアゴルファーに多く見られるのが、手打ちになっていることでしょう。
つまり、肩や手、腰がてんでんばらばらに動いているのです。

 

 

そんな人は、体の動きだけを意識して、ゆっくりクラブ振って100ヤード飛ぶす練習してみましょう。
速くクラブを振ると、その惰性で手だけが先に行ったり体が開いてしまったりしてしまうので、スピードを抑えることで、肩、手、腰が一緒に回るようになります。
この時に特に気をつけたいのが、グリップがテークバックからフィニッシュまで胸の中心にあることが大切です。

 

 

また、アマチュアゴルファーに多いのが、インパクトの瞬間にヘッドスピードが失速してしまっていることです。
そうならないようにするには、スイング中には左の脇を締まっている状態でクラブを振ることを意識する必要があります。

 

 

インパクトでヘッドを走る感覚を掴む練習としては、フォローで右腰の前にクラブが来たら止めてみて下さい。
インパクトの前に体の回転に急ブレーキをかけると、クラブを止めようとしても、反対に腕が振れるようになりヘッドが走る感覚を掴めるようになり、スイング中に力を逃してしまうことが減り、もっと飛ばせるようになる筈です。

 

 

ですが、左脇が開いてしまっていると体と腕が一体化していないのでクラブが止まらないのです。
また、体重移動に関しても、中心軸を1点にして回転速度を上げたほうが飛距離を伸ばすためのヘッドスピードを上がり、体もそれだけブレないので、体重移動せず軸はなるべく動かさずに打つ方が良いのです。

 

 

スイング軌道もアマチュアゴルファーは、上半身でボールを打とうとする為に、アウトサイドインになったり、インサイドアウトにはなりがちです。
その結果、カット軌道になり、ヘッドスピードはあがりません。

 

 

そんな人は、インパクトの30センチ前でフェースをスクエアにする練習をすると良いです。
例えば、打つ球の後方30cm離して、トゥ側とヒール側におよそ30センチ離して2つのボールを置いて、その間にヘッドを通す練習をするのです。

 

 

ヘッドが2つのボールの真ん中を通る練習をすることで、クラブが垂直方向に近いアップライトなスイングプレーンになり、インパクトゾーンも長くなり、安定したスクエアインパクトが出来るようになれます。

 

 

いずれいしても、手だけではなく、身体を使うことでヘッドスピードが速くなり、体の使い方と体重移動、スイング軌道がの三位一体で正してこそ、ヘッドスピードがあがり、力に頼らなくてもグンと飛距離も伸びるようになれるのです。

 

関連ページ

一軸理論で飛距離アップ
クラブを楽に振る
テークバックの始動はどこから
ダウンスイングは体を一気に左に向ける
ボールを上げるには腕は縦振り
正しいトップの形を作るには!?
アイアンのミスをなくす練習法
フェアウェイウッドの打ち方
捻転はゆっくりでないと出来ない
アドレスの体重配分で飛距離アップ
グリップの握り方次第で飛距離も伸びる
飛距離とスコアアップに良いクラブとは?
ドライバーのスライスの原因と直し方
朝一のティーショットはこれで克服
スライスを防ぎ飛距離を伸ばす肩の回し方
ダフリやトップが多くスイング軸がブレる
どのクラブでもスイングはひとつ
アプローチショットの打ち方のコツ
長いクラブを使いこなすコツ
ゴルフスイングのタメの作り方とリズムの取り方
フェアウェイウッドが苦手
竹ぼうきの素振りで飛ばしのスイングリズムが身につく
ゴルフスイングのゆっくり振るの勘違い
ロングアイアンが打てない
女性のフェアウェイウッドの打ち方
ゴルフのテークバックはゆっくり
ドライバーとアイアンの打ち方は同じ
明治の大砲になっていませんか?
右肘の使い方
アイアンも一定のテンポでスイングしょう
スイングプレーンを安定させる
クラブヘッドを浮かすと振り切れる