ダフリ トップ スイング軸がブレる ボールを飛ばすコツ ゴルフ上達 究極リズムシンクロ打法 森本光洋 飛距離アップ

MENU

ダフリやトップが多くスイング軸がブレる

ドライバーで、ゴルフボールの上を叩いてしまいボールが上にあがらないトップやダフリが多いという悩みはありませんか?
スイング軸(上体の軸)がブレると、軌道からクラブが外れてしまうことから、トップやダフリなど様々なミスが増えてきますね。

 

 

そして、アマチュアゴルファーに多いスイング軸がブレて安定しない原因は、下半身が動きすぎていかるからでしょう。
したがって軸ブレを防ぐには、下半身を安定させ強固な土台を作ることが大切です。

 

 

その為には、両足の体重の配分を出来るだけ均等になるようにして、アドレスで作った両方の膝の間隔をトップやダウンスイングに入っても保って振れば、下半身がしっかりとしてスイング軸が安定します。
つまり、アドレスと切り返し後の下半身の形が同じに出来れば強固な土台になるということです。

 

 

また、上体が右や左に傾いてしまい、スイングが安定しないという人は、大きなボールを両膝で挟み込むイメージでスイングをしてみると良いです。
この時には太腿の内側に力を入れて、そのボールを落とさない様に行ってみて下さい。

 

 

このようにするとややがに股気味の構えになり、両方の足の内側に重心を落としたアドレスになることで下半身が安定してきます。
いずれにしても、両膝の間隔を保って振れば体重移動も少なく、スイング軸がブレることなくドライバーの飛距離もアップし、方向性も安定してくるでしょう。

 

 

あなたもゴルフトーナメントのTV中継などを見て、いくらプロとは言え若者よりパワーで劣るシニアや女性プロゴルファーが、何故あんなにゆったり振って、飛距離のある着実なドライバーショットが打てるのかと疑問に思ったことはありませんか?

このティチングプロの森本光洋さんのゴルフ上達「究極リズムシンクロ打法」を身につければ、同じように年齢や性別、体格に関係なく、飛距離がアップするまっすぐに強く伸びるボールが打てるようになれ、一生涯ゴルフを楽しめるようになれるでしょう。

 

男性ならかっこ良い、女性なら美しい憧れのスイングが身につけられます!

 

ゴルフ上達「究極リズムシンクロ打法」の詳細を見てみる

 

関連ページ

一軸理論で飛距離アップ
クラブを楽に振る
テークバックの始動はどこから
ダウンスイングは体を一気に左に向ける
ボールを上げるには腕は縦振り
正しいトップの形を作るには!?
アイアンのミスをなくす練習法
フェアウェイウッドの打ち方
捻転はゆっくりでないと出来ない
アドレスの体重配分で飛距離アップ
グリップの握り方次第で飛距離も伸びる
飛距離とスコアアップに良いクラブとは?
ドライバーのスライスの原因と直し方
朝一のティーショットはこれで克服
スライスを防ぎ飛距離を伸ばす肩の回し方
ヘッドスピードを上げる方法
どのクラブでもスイングはひとつ
アプローチショットの打ち方のコツ
長いクラブを使いこなすコツ
ゴルフスイングのタメの作り方とリズムの取り方
フェアウェイウッドが苦手
竹ぼうきの素振りで飛ばしのスイングリズムが身につく
ゴルフスイングのゆっくり振るの勘違い
ロングアイアンが打てない
女性のフェアウェイウッドの打ち方
ゴルフのテークバックはゆっくり
ドライバーとアイアンの打ち方は同じ
明治の大砲になっていませんか?
右肘の使い方
アイアンも一定のテンポでスイングしょう
スイングプレーンを安定させる
クラブヘッドを浮かすと振り切れる