スライス 肩の回し方 ゴルフ上達 究極リズムシンクロ打法 森本光洋 飛距離アップ

MENU

スライスを防ぎ飛距離を伸ばす肩の回し方

スライスを防ぎ飛距離を伸ばす肩の回し方をご存じですか?
ゴルフでスコアを伸ばすには、一打ずつを駆使しても、やはり最もスコアを左右してしまのがドライバーの出来次第ですよね。
ですが、スライスなどのミスが多くて悩んでいる人も少なくないでしょう。

 

 

ゴルフはミスを減らしてなんぼのゲームなので、スライスなどの避けては通れない基本的なミスをもっと減らせればスコアもアップしてくる筈です。
そもそも、スライスに悩む人はトップでの肩の回転が浅い傾向が強いように思います。

 

 

そうなると、クラブの軌道がアウトサイドインになってしまい、カット打ちになりやすくなるんですね。
何より体重移動が上手く行えず、トップで左足体重になって、インパクトより先は右足体重になって、ダウンで左肩が下ってフェースが開いて、ボールが右に曲がってしまう、いわゆるギッタンバッコンスイングになっているのです。

 

 

このようなスライスになるのを防ぐには、バックスイングで左の肩をアゴの下までしっかり回すことです。
そうすればスイングの軌道がインサイドから下りるようになり、トップで右足に体重がのります。
ただ、左肩が顎の下に入っても、バック スイングのトップで左足に体重が残り、ダウンスイングで右足に体重が乗ってしまうリバースピボットになり、ギッタンバッコンスイングになるので注意する必要があります。

 

 

また、左肩を顎の下にくるようにしっかり回すことで、体がバックスイングで回転せずに、右に流れてしまうスイング中のスエー(スウェイ)を防止でき、飛距離も伸びるでしょう。

 

 

更に、スライスを良くする人は、ボールを左に置きすぎる傾向があります。
そうすると、ヘッドの最下点より先でボールをインパクトするようになるので、フェースがより開いてしまいます。

 

 

その為、ボールの置く位置を左足のかかと延長線よりボール1個分右足寄りに置くと良いです。
このようにすればヘッド最下点がボールの左側になるので、インサイドから入ってきたヘッドが、スクエアになる前でボールを打てるのでスライスはなくなります。

 

 

また、フェースを開く前にインパクト出来るので、飛距離を伸ばすことも期待出来るでしょう。

 

関連ページ

一軸理論で飛距離アップ
クラブを楽に振る
テークバックの始動はどこから
ダウンスイングは体を一気に左に向ける
ボールを上げるには腕は縦振り
正しいトップの形を作るには!?
アイアンのミスをなくす練習法
フェアウェイウッドの打ち方
捻転はゆっくりでないと出来ない
アドレスの体重配分で飛距離アップ
グリップの握り方次第で飛距離も伸びる
飛距離とスコアアップに良いクラブとは?
ドライバーのスライスの原因と直し方
朝一のティーショットはこれで克服
ダフリやトップが多くスイング軸がブレる
ヘッドスピードを上げる方法
どのクラブでもスイングはひとつ
アプローチショットの打ち方のコツ
長いクラブを使いこなすコツ
ゴルフスイングのタメの作り方とリズムの取り方
フェアウェイウッドが苦手
竹ぼうきの素振りで飛ばしのスイングリズムが身につく
ゴルフスイングのゆっくり振るの勘違い
ロングアイアンが打てない
女性のフェアウェイウッドの打ち方
ゴルフのテークバックはゆっくり
ドライバーとアイアンの打ち方は同じ
明治の大砲になっていませんか?
右肘の使い方
アイアンも一定のテンポでスイングしょう
スイングプレーンを安定させる
クラブヘッドを浮かすと振り切れる