ドライバー スライスの原因 直し方 ゴルフ上達 究極リズムシンクロ打法 森本光洋 飛距離アップ

MENU

ドライバーのスライスの原因と直し方

ドライバーのスライスでお悩みではありませんか?ドライバーで飛距離が出ない最大の原因は、何よりショットが曲がるからですね。
どんなにクラブやボールなどの道具が進化しても、スライスに悩む人は後を絶ちません。

 

 

そして、スライスの球筋になるのは主に2つのタイプがあります。
一つは、左にボールが飛び出してから右に曲がる球筋になるプルスライス。実にアマチュアゴルファーの8割はこのスライスに悩んでいると言われています。
原因としては、スイング軌道がアウトサイドインでフェースが開いたままの状態でインパクトを迎えるからです。

 

 

もう一つは、右にボールが飛び出して、更に右に曲がる球筋をたどるプッシュスライスです。この原因はプルスライスとは反対にインサイドアウトのスイング軌道でクラブを振って、結局はインパクトでフェースが開いてしまうからです。

 

 

また、目標に対して真っ直ぐに打ち出されて途中から右に曲がる、ストレートスライスもあります。
いずれにしてもどのスライスも、インパクトでフェースが開いてしまう為に、ボールにスライス回転が掛かってしまい、右に大きく曲がってしまうのです。

 

 

これらのスライスの違いは、ボールを打ち出す方向の違いなので、スイング軌道によって変わってきます。
したがってそのスライスの直し方も、全く真逆な方法になります。
最近のドライバーは、最初から左を向いたフックフェースになっているものもありますが、やはりスイング自体を修正しない限りは右に曲がり続けてしまうでしょう。

 

 

ですが心配はいりません。このティチングプロ 森本光洋さんのゴルフ上達「究極リズムシンクロ打法」では、どちらのスライスのタイプかを理解して、それにあったあなたに適した方法で練習して頂ければ、スライスはどうやっても出せなくなります。これを知らないと、いつまでもスライスを治せないかもしれません。

 

長年スライスに悩む人でも、数日の練習でドローボールが持ち球に変わるある方法とは?

 

ゴルフ上達「究極リズムシンクロ打法」の詳細を見てみる

 

関連ページ

一軸理論で飛距離アップ
クラブを楽に振る
テークバックの始動はどこから
ダウンスイングは体を一気に左に向ける
ボールを上げるには腕は縦振り
正しいトップの形を作るには!?
アイアンのミスをなくす練習法
フェアウェイウッドの打ち方
捻転はゆっくりでないと出来ない
アドレスの体重配分で飛距離アップ
グリップの握り方次第で飛距離も伸びる
飛距離とスコアアップに良いクラブとは?
朝一のティーショットはこれで克服
スライスを防ぎ飛距離を伸ばす肩の回し方
ダフリやトップが多くスイング軸がブレる
ヘッドスピードを上げる方法
どのクラブでもスイングはひとつ
アプローチショットの打ち方のコツ
長いクラブを使いこなすコツ
ゴルフスイングのタメの作り方とリズムの取り方
フェアウェイウッドが苦手
竹ぼうきの素振りで飛ばしのスイングリズムが身につく
ゴルフスイングのゆっくり振るの勘違い
ロングアイアンが打てない
女性のフェアウェイウッドの打ち方
ゴルフのテークバックはゆっくり
ドライバーとアイアンの打ち方は同じ
明治の大砲になっていませんか?
右肘の使い方
アイアンも一定のテンポでスイングしょう
スイングプレーンを安定させる
クラブヘッドを浮かすと振り切れる