ゴルフ上達 究極リズムシンクロ打法 森本光洋 飛距離アップ

MENU

飛距離とスコアアップに良いクラブとは?

飛距離とスコアアップしたいなら、どんなクラブが良いと思いますか?
それは、やはり最新のクラブが良いに決まっていますよね。

 

 

ゴルフ初心者の方なら、今のレベルを考えればお下がりで十分というゴルファーもいるでしょう。
ですが、初心者なら尚更、性能のいい最新のクラブが良いでしょう。
それこそお下がりの上級者向けのクラブを使っても、何がいいのか、さっぱりわからず宝の持ち腐れになりかねません。

 

 

とは言え、ほとんどのアマチュアゴルファーは、毎年クラブを買いかえているにも関わらず、飛距離やスコアもアップしないという方も多いものですが、それは自分が持っているクラブの性能を100%活かし切れていないからです。

 

 

また、お下がりのクラブを使うことになってもグリップだけは交換しましょう。
グリップはゴムなので劣化しやすく、すり減って滑ってしまうと、余計な力がグリップに入ってしまうからです。
また、新品でも半年に一回はメンテナンスをして手入れをしましょう。

 

 

もちろん、見た目などの好みがあるでしょうが、特に嫌でなかったら出来るだけ新しいものがお勧めです。
特に現在主流になっているヘッドが大きいドライバーはチタンやカーボンなどの軽量素材で作られているので、シャフトを長くできるので、スイングが大きくなって遠心力が増しヘッドスピードが上がるので、力に頼らなくても飛距離を出すことが出来ます。

 

 

飛距離はシャフトを1インチ伸ばせば、5ヤードくらいは伸びると言われているので、ボールを飛ばすには力ではなくドライバーのシャフトの長さとロフト角と言えます。
また、軽量化された大型ヘッドのドライバーは、大きくなった分、それだけフェースの面積が広いので、多少インパクトで芯を外しても、クラブフェースの芯が大きくなっている分、それほど飛距離が落ちることもないんですね。

 

 

更に、ボールに対して真っ直ぐにスピンが掛かかりやすいので、打っ方向へ飛びやすいというメリットがあります。
ですが、重心距離、シャフトも長いのでタイミング良く打たないと、フェースが開いたままボールをとらえてしまい、ボールが右に跳ぶことが多くなります。

 

 

したがって、長尺、大ヘッド、高跳びのポールのようにしなる最新のシャフト性能を活かしきるゴルフスイングへとあなたのスイングも進化させる必要があります。
その為には、自分のスイングリズムを見つけ、シャフトのしなりを最大限に利用することです。

 

 

このように現代のゴルフでは、ゴルフクラブの性能を上手に利用することができれば、体の衰えや体格的なハンデはある程度カバーできるのです。
そして、あなたが進化した道具を100%活かす、しなりを活用したスイングを身につけた時、力に頼らないでこれまでにない飛距離と方向性を手に入れることが出来るのです。

 

 

もし、あなたがこれまでグリップやアドレスに自信がなかったのなら、これらを修正するだけでも、スコアが確実に5つはアップすることでしょう。

 

関連ページ

一軸理論で飛距離アップ
クラブを楽に振る
テークバックの始動はどこから
ダウンスイングは体を一気に左に向ける
ボールを上げるには腕は縦振り
正しいトップの形を作るには!?
アイアンのミスをなくす練習法
フェアウェイウッドの打ち方
捻転はゆっくりでないと出来ない
アドレスの体重配分で飛距離アップ
グリップの握り方次第で飛距離も伸びる
ドライバーのスライスの原因と直し方
朝一のティーショットはこれで克服
スライスを防ぎ飛距離を伸ばす肩の回し方
ダフリやトップが多くスイング軸がブレる
ヘッドスピードを上げる方法
どのクラブでもスイングはひとつ
アプローチショットの打ち方のコツ
長いクラブを使いこなすコツ
ゴルフスイングのタメの作り方とリズムの取り方
フェアウェイウッドが苦手
竹ぼうきの素振りで飛ばしのスイングリズムが身につく
ゴルフスイングのゆっくり振るの勘違い
ロングアイアンが打てない
女性のフェアウェイウッドの打ち方
ゴルフのテークバックはゆっくり
ドライバーとアイアンの打ち方は同じ
明治の大砲になっていませんか?
右肘の使い方
アイアンも一定のテンポでスイングしょう
スイングプレーンを安定させる
クラブヘッドを浮かすと振り切れる