グリップの握り方 ゴルフ上達 究極リズムシンクロ打法 森本光洋 飛距離アップ

MENU

グリップの握り方次第で飛距離も伸びる

グリップの握り方はどのようにしていますか?
ゴルフ初心者にグリップの握り方教える時に良く言われるのは、左手の中指、薬指、小指の3本でグリップをギュッと握らないと、インパクト時にフェースがブレるというように教えられることが多いものですね。

 

 

しかし、私が思うにそれでは、ボールを遠くに飛ばすことは出来ないでしょう。
遠くにボールを飛ばすには長いクラブを使うのが一番ですが、そもそもドライバーは何グラムあるのかご存じですか?

 

 

各メーカーともドライバーの総重量は通常300グラム前後に設定しており、意外と軽いのです。
それにも関わらず、多くのアマチュアゴルファーは、力を入れてグリップを握っています。

 

 

ですが、左手の指には力を入れないで、ゆるっと握った方が飛距離が伸び、ボールが遠くに飛ぶのです。
当然、長いクラブを使う方が飛距離が出せるのですが、その分、ボールに当てにくいということがありますよね。
それなら、腕をシャフトにして腕ごとしならせるようにすれば良いのです。その為には、左手の指には力を入れずにゆるっと握っていたほうが良いでしょう。

 

 

逆に言えば、手でギュッと拳に力を入れて握ると、かえって腕にまで力が入ってしまうので、腕をしならせることができず、ボールを遠くに飛ばす為に必要な遠心力を最大限に発揮させることが出来なくなってしまうんですね。

 

 

また、軽く握ると、クラブがすっぽ抜けないかと心配する人もいるかも知れませんが、クラブは根元にいくほど太くなっているので、滅多なことではすっぽ抜けることはありません。

 

 

特にドライバーは遠くに飛ばしたいという思いが強いせいか、どうしてもグリップを強く握りがちになるものです。
しかし、パターを除いた13本のクラブは長くなるにつれて軽くなり、最も軽いのはドライバーなので、逆に一番グリップをゆるく握るくらいの気持ちでおこなった方が、飛距離も伸びるでしょう。

 

 

なお、このティチングプロ 森本光洋さんのゴルフ上達「究極リズムシンクロ打法」では、「体重移動の少ない一軸打法+アップライトなスイングプレーン」でしなりを活かすスイングを身につければ、普段は緊張する朝一のティーショットが待ち遠しくなることでしょう。

 

あなたにピッタリ合うグリップの作り方をお教えします。

 

ゴルフ上達「究極リズムシンクロ打法」の詳細を見てみる

 

関連ページ

一軸理論で飛距離アップ
クラブを楽に振る
テークバックの始動はどこから
ダウンスイングは体を一気に左に向ける
ボールを上げるには腕は縦振り
正しいトップの形を作るには!?
アイアンのミスをなくす練習法
フェアウェイウッドの打ち方
捻転はゆっくりでないと出来ない
アドレスの体重配分で飛距離アップ
飛距離とスコアアップに良いクラブとは?
ドライバーのスライスの原因と直し方
朝一のティーショットはこれで克服
スライスを防ぎ飛距離を伸ばす肩の回し方
ダフリやトップが多くスイング軸がブレる
ヘッドスピードを上げる方法
どのクラブでもスイングはひとつ
アプローチショットの打ち方のコツ
長いクラブを使いこなすコツ
ゴルフスイングのタメの作り方とリズムの取り方
フェアウェイウッドが苦手
竹ぼうきの素振りで飛ばしのスイングリズムが身につく
ゴルフスイングのゆっくり振るの勘違い
ロングアイアンが打てない
女性のフェアウェイウッドの打ち方
ゴルフのテークバックはゆっくり
ドライバーとアイアンの打ち方は同じ
明治の大砲になっていませんか?
右肘の使い方
アイアンも一定のテンポでスイングしょう
スイングプレーンを安定させる
クラブヘッドを浮かすと振り切れる