捻転 ゴルフ上達 究極リズムシンクロ打法 森本光洋 飛距離アップ

MENU

捻転はゆっくりでないと出来ない

ゴルフスイングにとってとても重要な運動が捻じるという動作(捻転)ですね。
そしてプロや上手な人を見ていると、無理のない動きで毎回正確に捻転が出来ているように感じます。
言いかえれば、プロや上手い人は、いつも無理をしないで、ゆっくりとした一定のリズムでスイングをしているのです。

 

 

ですが、私も以前はそうでしたが、毎回スコアが安定しない人は、いつでも無理ばかりしています。例えば深いラフや林の中のリカバリーショットでも、万が一の奇跡を信じて大きなクラブを使って無茶振りなどをしてしまうなど、自ら墓穴を掘ってしまうということも少なくないでしょう。

 

 

しかし、上手いゴルファーは、こんな時こそ落ちついて無理のないショットをします。
そして、そもそもゴルフで難しいのは、リラックスしてゆっくりやることです。
どうしても、いざティグラウンドやバンカーなどでは、「早く打ちたい…、早く逃げたい」という意識が強くなり、ゆっくりとした一定のリズムでやるということが頭から無くなってしまいがちになります。

 

 

ですが、ゆっくりとでないとゴルフスイングに大切な捻転が出来ないんですね。
そして、ゴルフは出来るだけ手の動きを抑え、肩や腰などの動きでスイングを覚えたほうが良いです。

 

 

しかし、多くのアマチュアゴルファーは、どうしても手の先にクラブがあり、ヘッドを強く意識してしまうことでクラブがあがって、その後から肩がついてきます。
ですが、本来あるべき姿は、肩が回り、腕が後から上がって、その先に手があって、またその先にクラブがあるというようになるのです。

 

 

そして、「飛距離を出したい!、飛ばしたい」という欲望が力みを産み、スイングの初動から身体に力が入り、タイミングが早くなったりするのです。
これが飛ばしたいと言う意識とは、正反対の結果を招いてしまうゴルフの難しいところですね。

 

 

では、どうすれば無理をしないでゆっくりした一定のリズムを身体に覚えさせて、飛距離を出すことが出来るようになるのでしょうか?
それはやはり、腕力に頼ることなくボールの芯をとらえ、理論で飛ばすことが出来るということを知り、実際に体感することで自信が生まれて、どんな状況でも焦ることなくゆっくりとした一定のリズムでのスイングが出来てくるのではないでしょうか。

 

 

とりわけ、朝一番のティグラウンドで、この森本光洋さんのゴルフ上達「究極リズムシンクロ打法」を身につけて打てるようになれば、その日のゴルフのスコアは素晴らしい結果になる筈です。

なお、ゆっくりは優しくとは違います。ゆっくりの後にはエネルギーの爆発があり、加速するフィニッシュがあり、クラブはビュンと鳴り飛距離が出るのです。これを理解することが出来れば、あなたのゴルフはこれまでと大きく変わってくることでしょう。

 

関連ページ

一軸理論で飛距離アップ
クラブを楽に振る
テークバックの始動はどこから
ダウンスイングは体を一気に左に向ける
ボールを上げるには腕は縦振り
正しいトップの形を作るには!?
アイアンのミスをなくす練習法
フェアウェイウッドの打ち方
アドレスの体重配分で飛距離アップ
グリップの握り方次第で飛距離も伸びる
飛距離とスコアアップに良いクラブとは?
ドライバーのスライスの原因と直し方
朝一のティーショットはこれで克服
スライスを防ぎ飛距離を伸ばす肩の回し方
ダフリやトップが多くスイング軸がブレる
ヘッドスピードを上げる方法
どのクラブでもスイングはひとつ
アプローチショットの打ち方のコツ
長いクラブを使いこなすコツ
ゴルフスイングのタメの作り方とリズムの取り方
フェアウェイウッドが苦手
竹ぼうきの素振りで飛ばしのスイングリズムが身につく
ゴルフスイングのゆっくり振るの勘違い
ロングアイアンが打てない
女性のフェアウェイウッドの打ち方
ゴルフのテークバックはゆっくり
ドライバーとアイアンの打ち方は同じ
明治の大砲になっていませんか?
右肘の使い方
アイアンも一定のテンポでスイングしょう
スイングプレーンを安定させる
クラブヘッドを浮かすと振り切れる