アイアンのミス 練習法 ゴルフ上達 究極リズムシンクロ打法 森本光洋 飛距離アップ

MENU

アイアンのミスをなくす練習法

アイアンのミスをなくす練習法があれば知りたいと思いませんか?
アマチュアゴルファーではドライバーはある程度は飛距離も出て上手く打てるのに、アイアンになるとダフったり、トップしたりするなどミスをしてしまう人は多いものですね。

 

 

実際のコースでは、アイアンの方がドライバーより使用頻度が多いので、それだけミスが多ければ、スコアがまとまらないのは当然です。

 

 

そして、上手く打てない原因として考えられるのは、ドライバーと同じアドレスで構え、斜め右横からボールを見ていることが考えられるので、真上から見るように変えると良いでしょう。

 

 

また、アイアンでのスイングがすくい打ちになっていることも考えられますね。
アイアンが苦手な人でも、ドライバーなら上手く打てると言う人が多いのは、ティーアップしてあることでクラブヘッドが自然と下から入るような形になり、ボールが上がっている気持ちになれているのです。

 

 

ですが、地面にボールがついているアイアンでは、そのままスイングして打つとボールの横を叩いてしまうようになり、ボールが上がらないのではないかと思ってしまうからかも知れませんね。
その為、クラブフェースにボールを乗せようとしたり、地面とボール間にクラブヘッドを入れようとして、すくい打ちになってしまうのです。

 

 

ですが、アイアンにはロフトがあるので、そんなことはしなくてもボールは自然に上がるものなんですね。
すくい上げるスイングと言うのは、本来、左足体重にして打たないといけないものを、打つ時に右足に体重をかけていることになります。

 

 

つまり、スイングが横振りになっているという事なので、クラブを上から下ろす縦振りに変える必要があります。
これを治すには、右足にゴルフボール一つ踏んで打つ練習をすると良いです。

 

 

この練習をやると、右足がぐらっいて不安定になることで、体重をそこにかけにくくなり、すくい打ちがやりたくても出来なくなり、アイアンのミスショットが減ってくるようになるでしょう。

 

関連ページ

一軸理論で飛距離アップ
クラブを楽に振る
テークバックの始動はどこから
ダウンスイングは体を一気に左に向ける
ボールを上げるには腕は縦振り
正しいトップの形を作るには!?
フェアウェイウッドの打ち方
捻転はゆっくりでないと出来ない
アドレスの体重配分で飛距離アップ
グリップの握り方次第で飛距離も伸びる
飛距離とスコアアップに良いクラブとは?
ドライバーのスライスの原因と直し方
朝一のティーショットはこれで克服
スライスを防ぎ飛距離を伸ばす肩の回し方
ダフリやトップが多くスイング軸がブレる
ヘッドスピードを上げる方法
どのクラブでもスイングはひとつ
アプローチショットの打ち方のコツ
長いクラブを使いこなすコツ
ゴルフスイングのタメの作り方とリズムの取り方
フェアウェイウッドが苦手
竹ぼうきの素振りで飛ばしのスイングリズムが身につく
ゴルフスイングのゆっくり振るの勘違い
ロングアイアンが打てない
女性のフェアウェイウッドの打ち方
ゴルフのテークバックはゆっくり
ドライバーとアイアンの打ち方は同じ
明治の大砲になっていませんか?
右肘の使い方
アイアンも一定のテンポでスイングしょう
スイングプレーンを安定させる
クラブヘッドを浮かすと振り切れる