正しいトップの形を作る ゴルフ上達 究極リズムシンクロ打法 森本光洋 飛距離アップ

MENU

正しいトップの形を作るには!?

正しいトップの形を作ることが出来ていますか?
練習場でのショットがコースでは出ないなど、球筋が安定しない人に多く見られるのは、トップの位置がしょっちゅう変わってしまっていることが良くあります。

 

 

その為に、同じクラブを使っても飛距離に差が出てしまい、コースに出てもスコアアップが望めないんですね。
友人などにアドバイスしてもらうのも良いのですが、自分でトップの正しい位置がわかるにこしたことはないでしょう。

 

 

トップの形を作る方法には、色々あると思いますが、最も簡単で実際に私がやっているのは、まずクラブのグリップ部分を顔の前に持ってきて、その構えの状態のまま身体を右にねじると、右腕につられて左腕が自然とついていく感じになるので、そこがトップの正しい位置です。

 

 

両腕の位置が決まって、体の正面にあるようにして回すと良いと思います。ですが、そうすると左の腕や肩が窮屈に感じるかもしれが、その位置から振り下ろすようにすれば正しいスイングになります。

 

 

ですので、正しいトップの形を作るには、1でグリップを顔の前で構える、2で体を右に捻じる、3で振り下ろす、4でフィニッシュというように数を数えて、リズムをとりながら素振りを繰り返すことで正しいトップの位置が覚え込みやすくなります。

 

 

また、トップの位置を作る時にグリップを握っている両手の手首を自分の顔の方に折るようにして、左手の小指を体の遠くに突き出すようにすると、ダウンスイングで鋭角にクラブが下せるようになり、以前に増してボールを遠くに飛ばすことが出来るようになる筈です。特にアイアンでのショットの飛距離は見違えてアップしてくるでしょう。

 

 

いずれにしても、トップの位置が安定してくるようになれば、ダウンスイングでのクラブの下り方も自然と毎回同じようになってきて、球筋も安定してくるようになります。
そうなれば、同じクラブでスイングしても飛距離の差もなくなってくるので、コースによって色々な攻め方も出来るようになり、スコアアップに繋がるようになります。

 

 

言いかえれば、どのような状況においても同じスイング、同じリズムでスイングすることが出来れば、スコアが大崩れすることはなくなりますので、ゴルフのスコアアップの秘訣は、再現性にあると言えるでしょう。

 

関連ページ

一軸理論で飛距離アップ
クラブを楽に振る
テークバックの始動はどこから
ダウンスイングは体を一気に左に向ける
ボールを上げるには腕は縦振り
アイアンのミスをなくす練習法
フェアウェイウッドの打ち方
捻転はゆっくりでないと出来ない
アドレスの体重配分で飛距離アップ
グリップの握り方次第で飛距離も伸びる
飛距離とスコアアップに良いクラブとは?
ドライバーのスライスの原因と直し方
朝一のティーショットはこれで克服
スライスを防ぎ飛距離を伸ばす肩の回し方
ダフリやトップが多くスイング軸がブレる
ヘッドスピードを上げる方法
どのクラブでもスイングはひとつ
アプローチショットの打ち方のコツ
長いクラブを使いこなすコツ
ゴルフスイングのタメの作り方とリズムの取り方
フェアウェイウッドが苦手
竹ぼうきの素振りで飛ばしのスイングリズムが身につく
ゴルフスイングのゆっくり振るの勘違い
ロングアイアンが打てない
女性のフェアウェイウッドの打ち方
ゴルフのテークバックはゆっくり
ドライバーとアイアンの打ち方は同じ
明治の大砲になっていませんか?
右肘の使い方
アイアンも一定のテンポでスイングしょう
スイングプレーンを安定させる
クラブヘッドを浮かすと振り切れる