ボールを上げるには腕は縦振り ゴルフ上達 究極リズムシンクロ打法 森本光洋 飛距離アップ

MENU

ボールを上げるには腕は縦振り

ゴルフのスイングとはどのようなものでしょうか?
そもそもクラブを振り下ろす時は、腕の力をロスすることなく体の近くを通り、体の動きにつられて上から下におりてくるものです。

 

 

したがって、腕の上下運動に体の水平運動が加わったものがゴルフスイングなんですね。
何が言いたいのかというと、ダウンスイング時には縦振りになり、クラブは上から下におりてこなければいけないということです。

 

 

腕が縦に下りればクラブを体の近くに通して打てるようになるんです。
しかし、多くのアマチュアゴルファーは頭では理解していても、腕を横振りにしてすくい打ちになりがちです。ですが、右肩が下がったすくうような打ち方をしている限りはゴルフがなかなか上手くなれないでしょう。

 

 

また、レッスン本などにも良くダウンスイングは、右脇を締めて下すというように書いてありますが、これを全て鵜呑みにするのは良くないと思います。

 

 

ダウンスイングは右脇だけでなく、両脇を締めて上から下すことで縦振りになり、クラブを体の近くを通り打てるようになるんです。
そういう私も、飛距離を出そうと思い力任せにクラブを振っていました。ですが、クラブは上から下におろしてこそ、ボールが上がるようになって飛ばせるようになってくるんです。

 

 

これが分かっていないとゴルフが上達しないばかりか、ボールを遠くに飛ばすことも出来ません。
とは言え、これは腕や手元ばかり意識していて行うといことではありません。
バックスイングからトップで体重をしっかり右足に乗せて、その右膝の上で上半身を回転させる動作につられて、一緒に行うようならなければいけません。

 

 

言いかえれな、スイング時に上半身を右膝の上で回転させることが出来るようになると、腕を真下におろす縦振りも容易にできるようになり、コンパクトなスイングで飛距離を楽に伸ばすことが出来るようになれるのです。

 

関連ページ

一軸理論で飛距離アップ
クラブを楽に振る
テークバックの始動はどこから
ダウンスイングは体を一気に左に向ける
正しいトップの形を作るには!?
アイアンのミスをなくす練習法
フェアウェイウッドの打ち方
捻転はゆっくりでないと出来ない
アドレスの体重配分で飛距離アップ
グリップの握り方次第で飛距離も伸びる
飛距離とスコアアップに良いクラブとは?
ドライバーのスライスの原因と直し方
朝一のティーショットはこれで克服
スライスを防ぎ飛距離を伸ばす肩の回し方
ダフリやトップが多くスイング軸がブレる
ヘッドスピードを上げる方法
どのクラブでもスイングはひとつ
アプローチショットの打ち方のコツ
長いクラブを使いこなすコツ
ゴルフスイングのタメの作り方とリズムの取り方
フェアウェイウッドが苦手
竹ぼうきの素振りで飛ばしのスイングリズムが身につく
ゴルフスイングのゆっくり振るの勘違い
ロングアイアンが打てない
女性のフェアウェイウッドの打ち方
ゴルフのテークバックはゆっくり
ドライバーとアイアンの打ち方は同じ
明治の大砲になっていませんか?
右肘の使い方
アイアンも一定のテンポでスイングしょう
スイングプレーンを安定させる
クラブヘッドを浮かすと振り切れる