ダウンスイング ゴルフ上達 究極リズムシンクロ打法 森本光洋 飛距離アップ

MENU

ダウンスイングは体を一気に左に向ける

ボールを遠くに飛ばす為には、バックスイングで蓄えられたパワーを、ダウンスイングで一気に解放することが飛距離アップのコツですね。

 

 

とは言え、それは頭では分かっていても、実際にどのようにすればいいのかが分からないものです。
私も、以前はプロがインパクトしている瞬間の写真を見て真似をして、胸を正面に向けてボールを打とうという意識があったせいか、一瞬回転が止まったスイングをしていたんです。

 

 

スイング中に腕やクラブの動きばかりにこだわってボールを打っていたように思います。
ですが、そうなるとスイングでの体の回転が止まり、腕の力も必要になってしまうんです。また、厄介なことに腕が必要もない動きをしてしまい、結果、ボールも曲げることになっていました。

 

 

したがって、バックスイングで右に回転させたスイングの体の軸は、ダウンスイングで左に一気に回転させるようにしなければいけません。
つまり、ダウンスイングで右に向けた胸を止めることなく、下半身の力を使ってひといきに左に向けることで、腕の力も自然と抜けていくようになり、重いクラブを軽くして、腕力を必要とせずに振りきれるようになれるんですね。。

 

 

そして、上体から先に動かすようにすれば、腕を振ることやボールを打つ意識を持つ必要もなくなります。腕やクラブは後からついてきて、腕の余計な動きもなくなってきます。
そうなると、シャフトもしなるようになり、クラブのヘッドも走るようになってくるので、方向性も良くなり、よりボールを遠くに飛ばせるようになれます。

 

 

理に叶った年齢、体格、性別関係なしのゴルフ上達法!

考えなくても、スイングは自然と身につくようになります。

 

ゴルフ上達「究極リズムシンクロ打法」の詳細を見てみる

 

関連ページ

一軸理論で飛距離アップ
クラブを楽に振る
テークバックの始動はどこから
ボールを上げるには腕は縦振り
正しいトップの形を作るには!?
アイアンのミスをなくす練習法
フェアウェイウッドの打ち方
捻転はゆっくりでないと出来ない
アドレスの体重配分で飛距離アップ
グリップの握り方次第で飛距離も伸びる
飛距離とスコアアップに良いクラブとは?
ドライバーのスライスの原因と直し方
朝一のティーショットはこれで克服
スライスを防ぎ飛距離を伸ばす肩の回し方
ダフリやトップが多くスイング軸がブレる
ヘッドスピードを上げる方法
どのクラブでもスイングはひとつ
アプローチショットの打ち方のコツ
長いクラブを使いこなすコツ
ゴルフスイングのタメの作り方とリズムの取り方
フェアウェイウッドが苦手
竹ぼうきの素振りで飛ばしのスイングリズムが身につく
ゴルフスイングのゆっくり振るの勘違い
ロングアイアンが打てない
女性のフェアウェイウッドの打ち方
ゴルフのテークバックはゆっくり
ドライバーとアイアンの打ち方は同じ
明治の大砲になっていませんか?
右肘の使い方
アイアンも一定のテンポでスイングしょう
スイングプレーンを安定させる
クラブヘッドを浮かすと振り切れる