テークバックの始動 ゴルフ上達 究極リズムシンクロ打法 森本光洋 飛距離アップ

MENU

テークバックの始動はどこから

テークバックの始動はどこから始めればいいのでしょうか?
例えば、重たいクラブをを振り上げる場合には体をどう動かすかを想像してもらえば分かりやすいのですが、当然手先だけでは思うように持ち上げることはできませんね。

 

 

そこで、重いクラブを軽くさせるような体の使い方をしないといけなくなり、その為にはクラブヘッドから動かそうとするのではなく、テークバックの始動はまず、胸を右に向けることから始めるようにします。
つまり、クラブや腕が後からついてくるような動きにするのです。

 

 

その体の動きにつられてクラブや腕が後からついてくるようにすれば、バックスイングがゆっくりになって、コースに出るとつい力んで打ち急ぎになったりすることも防ぐことが出来ます。

 

 

良く見かけるのは、クラブヘッドはアドレスのままの状態で腰から上をまず右に向けるようにしてテークバックをしますが、アドレスの状態から胸を右に向けるように体を回していくことで、クラブも腕も後から自然とついてくるようになるんですね。

 

 

そして、上体の動きに遅れて手元が右腰付近まで来たら、クラブのヘッドを上げやすいところにあげて行きます。もちろん、この時も力を必要としません。

 

 

これまでテークバックに自分なりの考えを持っている人には、「あれ」と思うかもしれませんが、トップスイングまでで最も重要なのは、十分に体を回して力をどれだけ蓄えられるかという事です。
したがって、テークバックの始動は、まず胸を右に向けることから始めるようにすると良いでしょう。

 

関連ページ

一軸理論で飛距離アップ
クラブを楽に振る
ダウンスイングは体を一気に左に向ける
ボールを上げるには腕は縦振り
正しいトップの形を作るには!?
アイアンのミスをなくす練習法
フェアウェイウッドの打ち方
捻転はゆっくりでないと出来ない
アドレスの体重配分で飛距離アップ
グリップの握り方次第で飛距離も伸びる
飛距離とスコアアップに良いクラブとは?
ドライバーのスライスの原因と直し方
朝一のティーショットはこれで克服
スライスを防ぎ飛距離を伸ばす肩の回し方
ダフリやトップが多くスイング軸がブレる
ヘッドスピードを上げる方法
どのクラブでもスイングはひとつ
アプローチショットの打ち方のコツ
長いクラブを使いこなすコツ
ゴルフスイングのタメの作り方とリズムの取り方
フェアウェイウッドが苦手
竹ぼうきの素振りで飛ばしのスイングリズムが身につく
ゴルフスイングのゆっくり振るの勘違い
ロングアイアンが打てない
女性のフェアウェイウッドの打ち方
ゴルフのテークバックはゆっくり
ドライバーとアイアンの打ち方は同じ
明治の大砲になっていませんか?
右肘の使い方
アイアンも一定のテンポでスイングしょう
スイングプレーンを安定させる
クラブヘッドを浮かすと振り切れる