クラブを楽に振る ゴルフ上達 究極リズムシンクロ打法 森本光洋 飛距離アップ

MENU

クラブを楽に振る

あなたはボールを遠くに飛ばす為にトッププロの真似をすれば飛距離が出ると思っていませんか?

 

 

もしあなたが飛距離を伸ばす為にゴルフのレッスン書など読みあさってプロの真似た窮屈なスイングに励んでいるが一向に飛距離が伸びない、かえって腰などを痛めたりしているようなら、型にこだわらずにボールを楽に振ることを意識して練習をした方が良いかもしれません。

 

 

もちろん、ここでプロを真似たスイング作りがダメだというつもりはありませんが、プロのように常にボールを打てる環境にいるなら型にこだわったスイング作りも良いかもしれませんが、そうでないなら、どのようにしたらクラブを楽に振れるのか知ることが大切です。

 

 

私も、以前はプロの真似をして型にこだわってスイングの練習をしていましたが、コースに出て一度そのスイングのリズムが狂い出しミスショットが出ると、あれやこれやと悩んだあげくボールを打つことに集中できなくなるんですね。

 

 

その結果、飛距離はでないのはもちろん、かえってボールをあらぬ方向に曲げてしまったりと、スコアがどんどん崩れていくんです。
あなたも私と同じような経験はありませんか?

 

 

ですが、クラブを楽に振るということを頭に入れて意識して練習をしていると、窮屈なスイングから解放されて、体そのものが真っ直ぐな軸になって腕が良く振れるスイングに変わってくるんです。

 

 

そんな力のいらない熟年ゴルファーや女性でも、力のある男性ゴルファー以上にボールを遠くへ飛ばし、スコアアップするコツや練習法を、ティチングプロの森本光洋さんが公開しているので上達の参考にしてみて下さい。

 

 

年齢、体格、性別関係なし、小学生6年の女の子でも250ヤード飛ばせる方法

 

ゴルフ上達「究極リズムシンクロ打法」の詳細を見てみる

 

関連ページ

一軸理論で飛距離アップ
テークバックの始動はどこから
ダウンスイングは体を一気に左に向ける
ボールを上げるには腕は縦振り
正しいトップの形を作るには!?
アイアンのミスをなくす練習法
フェアウェイウッドの打ち方
捻転はゆっくりでないと出来ない
アドレスの体重配分で飛距離アップ
グリップの握り方次第で飛距離も伸びる
飛距離とスコアアップに良いクラブとは?
ドライバーのスライスの原因と直し方
朝一のティーショットはこれで克服
スライスを防ぎ飛距離を伸ばす肩の回し方
ダフリやトップが多くスイング軸がブレる
ヘッドスピードを上げる方法
どのクラブでもスイングはひとつ
アプローチショットの打ち方のコツ
長いクラブを使いこなすコツ
ゴルフスイングのタメの作り方とリズムの取り方
フェアウェイウッドが苦手
竹ぼうきの素振りで飛ばしのスイングリズムが身につく
ゴルフスイングのゆっくり振るの勘違い
ロングアイアンが打てない
女性のフェアウェイウッドの打ち方
ゴルフのテークバックはゆっくり
ドライバーとアイアンの打ち方は同じ
明治の大砲になっていませんか?
右肘の使い方
アイアンも一定のテンポでスイングしょう
スイングプレーンを安定させる
クラブヘッドを浮かすと振り切れる