一軸理論 ゴルフ上達 究極リズムシンクロ打法 森本光洋 飛距離アップ

MENU

一軸理論で飛距離アップ

あなたはゴルフで飛距離を伸ばすためには、「体重移動が重要だ」と思っていませんか?
実は、アマチュアゴルファーの人が遠くまでボールを飛ばすには、体重移動のない一軸打法の体の使い方が最もシンプルで飛距離を出すことが出来ます。例として下記の動画を見てください↓↓

 

 

 

現在は、以前に比べ飛ばせるボール、ドライバーと道具の進化によりアマチュアゴルファーの平均飛距離も伸びてきています。
その為、日々の体を鍛えたり、柔らかくするといった努力をしなくても、道具を上手く使ってボールにミートさせることが出来れば、誰でも飛距離アップ出来るようになってきたのです。

 

 

このことからも分かりますが、つまり、以前のようにトップから左足を強く踏み込んでボールを強く叩く為に、体重移動をしなくても一定のリズムでスイングすれば飛距離アップすることが出来ると言うことです。

 

 

また、アマチュアゴルファーが従来の体重移動をしてボールを飛ばそうとやると、左に上体が先に流れてしまい、突っ込んだ状態になりやすく、そうなるとインサイドからクラブを下ろすことが出来ず、アウトサイドの軌道になってしまうんですね。

 

 

その上、体重移動が早くなってしまうと、クラブが遅れて入ってくるようになってしまうので、クラブも振り抜けなくなってしまいます。そうなれば当然飛距離も出ませんし、ボールも真っ直ぐに飛ばなくなります。
このように体重移動をすると、軸がぶれるので、体の回転がそれだけ遅くなります。

 

 

そして、トップから右ひざの上で体を回転させてスイングすることで、ボールの後ろに頭を残した状態で打つことが出来るようになり、体の軸がブレることがなくなり、無駄な動きもなくなってシンプルにクラブを振りきれるようになるのです。当然、力いっぱい振り回すこともないので、ボールへのミート率も高まり、腰などを痛めることも格段に減るでしょう。

 

 

この一軸理論は道具の進化に伴った、まさに今の時代に合った飛距離をアップと正確性を実現できる再現性の高いスイングと言えるでしょう。

 

 

シニア、レディースゴルファーに夢の飛距離をもたらす

 

ゴルフ上達「究極リズムシンクロ打法」の詳細を見てみる

 

関連ページ

クラブを楽に振る
テークバックの始動はどこから
ダウンスイングは体を一気に左に向ける
ボールを上げるには腕は縦振り
正しいトップの形を作るには!?
アイアンのミスをなくす練習法
フェアウェイウッドの打ち方
捻転はゆっくりでないと出来ない
アドレスの体重配分で飛距離アップ
グリップの握り方次第で飛距離も伸びる
飛距離とスコアアップに良いクラブとは?
ドライバーのスライスの原因と直し方
朝一のティーショットはこれで克服
スライスを防ぎ飛距離を伸ばす肩の回し方
ダフリやトップが多くスイング軸がブレる
ヘッドスピードを上げる方法
どのクラブでもスイングはひとつ
アプローチショットの打ち方のコツ
長いクラブを使いこなすコツ
ゴルフスイングのタメの作り方とリズムの取り方
フェアウェイウッドが苦手
竹ぼうきの素振りで飛ばしのスイングリズムが身につく
ゴルフスイングのゆっくり振るの勘違い
ロングアイアンが打てない
女性のフェアウェイウッドの打ち方
ゴルフのテークバックはゆっくり
ドライバーとアイアンの打ち方は同じ
明治の大砲になっていませんか?
右肘の使い方
アイアンも一定のテンポでスイングしょう
スイングプレーンを安定させる
クラブヘッドを浮かすと振り切れる