女性 フェアウェイウッド 打ち方 ゴルフ上達 究極リズムシンクロ打法 森本光洋 飛距離アップ

MENU

女性のフェアウェイウッドの打ち方

フェアウェイウッドが打ち方が分からないということはありませんか?
特にゴルフ初心者や、パワーがなく飛距離が出ない女性にとって使いこなせるようになれば、スコアアップにも繋がるゴルフクラブなので、しっかり自分なりのフェアウェイウッドの打ち方を作っておくことが大切ですね。

 

 

そんな女性のフェアウェイウッドの打ち方としては、右足の内側のラインと膝をトップスイングではしっかりさせて、上半身の体の捻りを受けとめるようにします。
そして、ダウンスイングでは頭をトップの位置にとどめて、左足の真上に左膝を移動させることからスタートさせます。

 

 

ただ、この時は右からの体重移動を一気に行うのではなく、左ひざをそのきっかけにするのです。
両膝の高さを同じに維持して腰を水平に回しながら体重移動を行い、体を捻り戻して胸の前でボールを打つようにし、ソールを芝の上に滑らせるようにして低くて長いフォロースルをとります。

 

 

このようにすれば、インパクトエリアをヘッドが真っ直ぐに走るようになるのです。
ですが、女性は下半身からスタートしたダウンスイングが体が柔らかいことや、パワーがない為に腰の回転が速くなりすぎて、ヘッドが遅れてしまうことが多く見られます。

 

 

その為、女性は体の正面でボールが打つことが出来なくなり、スイング軌道がアウトサイドインになって、ボールを上からカットするような感じになってしまうのです。
これは体の前にヘッドが戻ってきたときには、腰も肩も飛球線を向いてしまっているということです。

 

 

これを直すには、ダウンスイングで切り返しのタイミングを少し早めるようにするのがコツです。
下半身からダウンスイングを始めたら、すぐに右脇を引きつけながらクラブヘッドを引きおろし、胸を右足の前に向けたまま、ヘッドを目標方向に振り抜いていくわけです。

 

 

このようにすれば、ヘッドが遅れず、体の正面でボールを打つことが出来る筈です。
また、打ち抜くまでボールの右側を見ているだけでも腰の回転を抑えられるでしょう。
なお、ボールを打つまでは右足の踵をあげないように注意して下さい。

 

 

いずれにしても、、女性は男性より体が柔らかいせいか、スイング自体が比較的ゆったりしていて、打ち急ぎが少ない傾向があります。
これはドライバーやフェアウェイウッドなどのシャフトが長いクラブをリズムよく振る時には欠かせない要素なので、これを生かして練習すれば、フェアウェイウッドを早く使いこなせるようになれるでしょう。

 

 

シニア、レディースゴルファーに夢の飛距離をもたらす

非力な女性であっても、「一軸打法+アップライトなスイングプレーン」でビシバシ飛ばしています。

 

ゴルフ上達「究極リズムシンクロ打法」の詳細を見てみる