スイング タメの作り方 リズムの取り方 ゴルフ上達 究極リズムシンクロ打法 森本光洋 飛距離アップ

MENU

ゴルフスイングのタメの作り方とリズムの取り方

ゴルフスイングのタメの作り方とリズムの取り方が分かりますか?
速くクラブを振ろうと打ち急ぐアマチュアゴルファーの方はとても多いですが、そうなるのは球がどうして飛ぶのかという基本の部分が分かっていないからでくしょう。

 

 

その為、石川遼くんやタイガー・ウッズ、ジャンボ尾崎選手のように、速いリズムでクラブを振ることばかりを考えてしまいがちです。
ですが、彼らのようなプロゴルファーは速く振っても確実にインパクトでクラブフェースをスクエアに戻せるだけの技術と、遠心力に耐えられるだけの強靭な肉体があるんですね。

 

 

当然、アマチュアの多くは技術も体力もプロに比べてないので、もっと別の発想で飛ばしのコツを掴んで、効率よく飛距離を伸ばすことを考えなければいけません。

 

 

そして、ボールを飛ばす為の一番のコツは、ダウンスイングを腰のリードでタメを作って打つと言うことですね。
しかし、アマチュアの多くは速くクラブを振りたいという意識が強いせいか、バックスイングからスッと早くクラブを上げてトップに収めてしまうことから、十分なタメを作る時間がない人が多いように思います。。

 

 

その為、身体が捻じりあがるのを待てないで、そのまますぐに振り下ろしてしまいがちです。
このようになると、確かにスイングが速くなった気がしますが、ダウンスイングで腰のリードなしで振り下ろすいわゆる手打ちにしかなっていないのです。

 

 

そもそもタメを作るにはバックスイングで十分に肩を回す必要がありますが、肩のような大きな部位は一瞬で素早く回すことが難しいの、アドレスで右肩があった位置に左肩を回していくにはある程度時間が必要になります。
そんな理に叶ったトップを作るには、技術や体力がないアマチュアはゆっくりクラブを上げていくのがやりやすいのです。

 

 

そこで、左肩と左腕を一体化して1本のラインにして、ゆったりと上げていけば右腰の真横にグリップが来て地面と平行にシャフトがなった時点で、背中は飛球線方向の近くまで既に回っている筈です。
そこから、トップまでにもう一段階身体を回し、目標に背中が向かい合えば、体のねじれは十分でしょう。

 

 

後は、腰を先導させて右腰を締めていくだけで、飛ばしに一番重要なタメを作ることが出来ます。
このようにアマチュでも、ゆっくり上げていけば為が作りやすいですが、いくらゆっくり振った方が良いからと言っても、ダウンスイングまでゆっくり振っては、力を出し切れず飛ばすことは出来ません。

 

 

バックスイングはゆっくりでも、ダウンスイングではある程度加速しなければいけません。
ゆっくり肩を回すことで上半身と下半身の捻じれの差を作り、ダウンスイングではそれを一気に解放することで、ヘッドが加速して球が飛びます。

 

 

したがってスイングのリズムは、1(イチ)、2(ニ)のゆっくりしたリズムで身体を巻き上げた後に、3(サン)で一気にダウンスイングで速く振るのが理想的でしょう。
とは言え、人それぞれ自分なりのスイングリズムというものがあり、自分に合うスイングリズムでなければスコアは伸びません。

 

 

実際に、プロでも宮里藍、藤田寛之選手などはスイングのリズムがゆっくりですよね。テンポの速い人もいれば遅い人もいるわけです。
ですので、先ず「自分なりのリズム」を知り、このリズムをドライバーからアイアン、パターに至るまで全て一定にすることでが大切なのです。

 

 

このティチングプロの森本光洋さんのゴルフ上達「究極リズムシンクロ打法」のレッスンでは、まず自分に合ったリズム探しのコツやリズムを同調させる方法が学べます。

年齢や性別に関係なく無理なく飛距離を伸ばし、短期間でベストスコアを更新出来るようになれることで、周りのゴルフ仲間か驚くことでしょう。

 

シニア、レディースゴルファーに夢の飛距離をもたらす

 

ゴルフ上達「究極リズムシンクロ打法」の詳細を見てみる