長いクラブ ゴルフ上達 究極リズムシンクロ打法 森本光洋 飛距離アップ

MENU

長いクラブを使いこなすコツ

長いクラブを使いこなすことが出来ていますか?
最近はゴルフの道具の進化もあり、45インチ以上の長尺ドライバーも珍しくなくなってきましたね。

 

 

このような長いクラブは、遠心力も大きくなり一発当たった時の飛びは凄いですが、振りこなすのはなかなか難しいものです。
とは言え、非力な年配者や女性でも、飛距離を伸ばしやすいので購入した人も少多いのではないでしょうか。

 

 

しかし、アマチュアゴルファーの中にはせっかく購入したものの、長いクラブが打てない、スライスなどをして苦手という人も少なくありません。
そんな長尺ドライバーの飛距離の恩恵を得ようと思うと、やはり長く握ってこそ真価が発揮できると考え、グリップエンドのぎりぎりを握ってドライバーを振っていませんか?

 

 

そのような長いクラブの握り方をして、ミスもなく飛距離が伸びているなら良いですが、そうでないなら長いクラブを使いこなすにはちょっとしたコツがあるのです。
それは少しだけグリップを短く握ることです。

 

 

何故なら、グリップをぎりぎりで握ってしまうと、ダウンスイングでクラブの長さに耐えきれずに手首をこねやすくなってしまい、ヘッドがぐらついて入射角やフェース面が一定でなくなってしまうんですね。
その結果、スイングが不安定なり、ドライバーショットが左右に曲がりやすくなってしまいます。

 

 

そもそもグリップは端にいくほど太くなるので、非力な小指に最も太くなるグリップエンドを握らせるのは適していません。
気を抜くとグリップからすっぽり抜けるのではと心配になって、つい小指い力を入れてギュッと握ってしまいがちになりがちです。

 

 

更に長尺のドライバーになるほど、遠心力も大きくなるので、尚更すっぽ抜けるのではないかという不安が大きくなるものですね。
ですが、こうなると余計なところに力が入ってしまい、フェースをターンさせる動作がやりにくくなり、クラブヘッドが走らなくなってしまいます。

 

 

ですが指1本部幅だけグリップを短く握るだけで、小指が握りやすくなり、余計な力も入らず、フェースも返しやすくなって、返ってヘッドスピードも上がるのです。

 

 

したがって、長尺ドライバーなどの長いクラブを使う時は、指1本分幅(1.5cm)くらい短く握るのが飛距離アップのコツです。
たかが指1本分短くグリップを握るだけでと思うかもしれませんが、この差はとても大きくミート率は格段に上がり方向性はもちろん、飛距離もぐんと伸びるでしょう。

 

 

このティチングプロの森本光洋さんのゴルフ上達「究極リズムシンクロ打法」で、進化したクラブ性能を100%引きだす、しなりを活用したスイングが身につけられることで、腕力や体格差に関係なく、年配の方や女性の方であってもコンスタントに狙ったとこりにドライバーを飛ばすことが出来るようになれ、短期間でスコアアップが出来るでしょう。

 

進化したクラブにあった最新のスイング理論!

 

ゴルフ上達「究極リズムシンクロ打法」の詳細を見てみる