ボールを飛ばすコツ ゴルフ上達 究極リズムシンクロ打法 森本光洋 飛距離アップ

MENU

ボールを飛ばすコツ

ここでは年齢や性別に関係なくボールを遠くへ飛ばすスイングのコツにについてお伝えしています。
今のゴルフのスコアアップ、上達の参考になれば幸いです。

ボールを飛ばすコツ記事一覧

あなたはゴルフで飛距離を伸ばすためには、「体重移動が重要だ」と思っていませんか?実は、アマチュアゴルファーの人が遠くまでボールを飛ばすには、体重移動のない一軸打法の体の使い方が最もシンプルで飛距離を出すことが出来ます。例として下記の動画を見てください↓↓ゴルフ上達「究極リズムシンクロ打法」の詳細を見てみる現在は、以前に比べ飛ばせるボール、ドライバーと道具の進化によりアマチュアゴルファーの平均飛距離...

あなたはボールを遠くに飛ばす為にトッププロの真似をすれば飛距離が出ると思っていませんか?もしあなたが飛距離を伸ばす為にゴルフのレッスン書など読みあさってプロの真似た窮屈なスイングに励んでいるが一向に飛距離が伸びない、かえって腰などを痛めたりしているようなら、型にこだわらずにボールを楽に振ることを意識して練習をした方が良いかもしれません。もちろん、ここでプロを真似たスイング作りがダメだというつもりは...

テークバックの始動はどこから始めればいいのでしょうか?例えば、重たいクラブをを振り上げる場合には体をどう動かすかを想像してもらえば分かりやすいのですが、当然手先だけでは思うように持ち上げることはできませんね。そこで、重いクラブを軽くさせるような体の使い方をしないといけなくなり、その為にはクラブヘッドから動かそうとするのではなく、テークバックの始動はまず、胸を右に向けることから始めるようにします。つ...

ボールを遠くに飛ばす為には、バックスイングで蓄えられたパワーを、ダウンスイングで一気に解放することが飛距離アップのコツですね。とは言え、それは頭では分かっていても、実際にどのようにすればいいのかが分からないものです。私も、以前はプロがインパクトしている瞬間の写真を見て真似をして、胸を正面に向けてボールを打とうという意識があったせいか、一瞬回転が止まったスイングをしていたんです。スイング中に腕やクラ...

ゴルフのスイングとはどのようなものでしょうか?そもそもクラブを振り下ろす時は、腕の力をロスすることなく体の近くを通り、体の動きにつられて上から下におりてくるものです。したがって、腕の上下運動に体の水平運動が加わったものがゴルフスイングなんですね。何が言いたいのかというと、ダウンスイング時には縦振りになり、クラブは上から下におりてこなければいけないということです。腕が縦に下りればクラブを体の近くに通...

正しいトップの形を作ることが出来ていますか?練習場でのショットがコースでは出ないなど、球筋が安定しない人に多く見られるのは、トップの位置がしょっちゅう変わってしまっていることが良くあります。その為に、同じクラブを使っても飛距離に差が出てしまい、コースに出てもスコアアップが望めないんですね。友人などにアドバイスしてもらうのも良いのですが、自分でトップの正しい位置がわかるにこしたことはないでしょう。ト...

アドレスの体重配分はどのようにしていますか?ほとんどのアマチュアーゴルファーは、恐らくアドレスの際に右足に体重を多く乗せていると思います。ゴルフのレッスン本などでも、アドレス時の体重配分を右足に6割、左足に4割にすると良いと指導していることが多いものです。確かに、このようにアドレスの体重配分をするとボールを飛ばす方向などが自分で思い描きやすいです。しかし、その反面、無意識に右肩が下がりすぎてしまっ...

アイアンのミスをなくす練習法があれば知りたいと思いませんか?アマチュアゴルファーではドライバーはある程度は飛距離も出て上手く打てるのに、アイアンになるとダフったり、トップしたりするなどミスをしてしまう人は多いものですね。実際のコースでは、アイアンの方がドライバーより使用頻度が多いので、それだけミスが多ければ、スコアがまとまらないのは当然です。そして、上手く打てない原因として考えられるのは、ドライバ...

フェアウェイウッドの打ち方が上手く出来ていますか?まずは、森本光洋プロのレッスン動画をご覧下さい↓↓ロングホールはもちろん、ミドルホールでも少し長いホールにいなると、ドライバーで250ヤード以上飛距離が出せるゴルファならともかく、セカンドショットにある程度距離が残ってしまうものですね。そうした時に、フェアウェイウッドを使う回数も増えるものです。ですが、どうもボールの頭を叩いてしまってチョロをしてし...

ゴルフスイングにとってとても重要な運動が捻じるという動作(捻転)ですね。そしてプロや上手な人を見ていると、無理のない動きで毎回正確に捻転が出来ているように感じます。言いかえれば、プロや上手い人は、いつも無理をしないで、ゆっくりとした一定のリズムでスイングをしているのです。ですが、私も以前はそうでしたが、毎回スコアが安定しない人は、いつでも無理ばかりしています。例えば深いラフや林の中のリカバリーショ...

グリップの握り方はどのようにしていますか?ゴルフ初心者にグリップの握り方教える時に良く言われるのは、左手の中指、薬指、小指の3本でグリップをギュッと握らないと、インパクト時にフェースがブレるというように教えられることが多いものですね。しかし、私が思うにそれでは、ボールを遠くに飛ばすことは出来ないでしょう。遠くにボールを飛ばすには長いクラブを使うのが一番ですが、そもそもドライバーは何グラムあるのかご...

飛距離とスコアアップしたいなら、どんなクラブが良いと思いますか?それは、やはり最新のクラブが良いに決まっていますよね。ゴルフ初心者の方なら、今のレベルを考えればお下がりで十分というゴルファーもいるでしょう。ですが、初心者なら尚更、性能のいい最新のクラブが良いでしょう。それこそお下がりの上級者向けのクラブを使っても、何がいいのか、さっぱりわからず宝の持ち腐れになりかねません。とは言え、ほとんどのアマ...

ドライバーのスライスでお悩みではありませんか?ドライバーで飛距離が出ない最大の原因は、何よりショットが曲がるからですね。どんなにクラブやボールなどの道具が進化しても、スライスに悩む人は後を絶ちません。そして、スライスの球筋になるのは主に2つのタイプがあります。一つは、左にボールが飛び出してから右に曲がる球筋になるプルスライス。実にアマチュアゴルファーの8割はこのスライスに悩んでいると言われています...

朝一のティーショットが上手く打つことが出来ていますか?何年もゴルフをやっていても、朝一は緊張で体がガチガチになってダフリやチョロ、OBなど、始めからがっくりくるような大失敗という人もいらっしゃるのではないでしょうか。その原因は緊張して平常心で臨めないこともありますが、その他にも朝は気温が低く体が温まっていないことも影響しているでしょう。そんな体が滑らかに動かない状態なのに、飛距離を出そうと力まかせ...

スライスを防ぎ飛距離を伸ばす肩の回し方をご存じですか?ゴルフでスコアを伸ばすには、一打ずつを駆使しても、やはり最もスコアを左右してしまのがドライバーの出来次第ですよね。ですが、スライスなどのミスが多くて悩んでいる人も少なくないでしょう。ゴルフはミスを減らしてなんぼのゲームなので、スライスなどの避けては通れない基本的なミスをもっと減らせればスコアもアップしてくる筈です。そもそも、スライスに悩む人はト...

ドライバーで、ゴルフボールの上を叩いてしまいボールが上にあがらないトップやダフリが多いという悩みはありませんか?スイング軸(上体の軸)がブレると、軌道からクラブが外れてしまうことから、トップやダフリなど様々なミスが増えてきますね。そして、アマチュアゴルファーに多いスイング軸がブレて安定しない原因は、下半身が動きすぎていかるからでしょう。したがって軸ブレを防ぐには、下半身を安定させ強固な土台を作るこ...

ヘッドスピードを上げる方法をご存じですか?ドライバーで飛距離をもっと出すには、スイングでのヘッドスピードの強化は不可欠ですよね。そうは言っても、力任せにクラブを思い切り振るだけでは上がらないのが難しいところでしょう。ヘッドスピードを上げるには体の使い方や体重移動、そしてスイングの軌道という3つの要因が正しく揃ってこそグンと上がり、飛距離も伸びるようになるのです。そして、まず体の使い方ですが、ヘッド...

クラブによって、スイングを思い悩んでいませんか?ですが、基本的にはゴルフのスイングというものはどのクラブでも同じなんですね。ドライバー、アイアン、アプローチ用のスイングがあるわけではありません。大切になってくるのは、体とグリップした両手の位置関係で、ドライバーでもアイアンでも、どのクラブを持っても体とグリップの間隔は同じにすることです。こぶし一つ半から二つの間隔は、クラブによって決して変えません。...

アプローチショットの打ち方が上手く出来ていますか?女性ゴルファーなどの飛距離が出ない人にとって、50ヤード以下のアプローチはスコアメイクの重要なカギになりますね。まずは、森本光洋さんのリズムシンクロ打法のレッスン動画をご覧下さい↓↓例えば、基準打数が4のミドルホールでは、2打ともナイスショットしたとしても、グリーンまで40〜50ヤードと中途半端に残ってしまうこともあります。ですが、そんな時に確実に...

長いクラブを使いこなすことが出来ていますか?最近はゴルフの道具の進化もあり、45インチ以上の長尺ドライバーも珍しくなくなってきましたね。このような長いクラブは、遠心力も大きくなり一発当たった時の飛びは凄いですが、振りこなすのはなかなか難しいものです。とは言え、非力な年配者や女性でも、飛距離を伸ばしやすいので購入した人も少多いのではないでしょうか。しかし、アマチュアゴルファーの中にはせっかく購入した...

ゴルフスイングのタメの作り方とリズムの取り方が分かりますか?速くクラブを振ろうと打ち急ぐアマチュアゴルファーの方はとても多いですが、そうなるのは球がどうして飛ぶのかという基本の部分が分かっていないからでくしょう。その為、石川遼くんやタイガー・ウッズ、ジャンボ尾崎選手のように、速いリズムでクラブを振ることばかりを考えてしまいがちです。ですが、彼らのようなプロゴルファーは速く振っても確実にインパクトで...

フェアウェイウッドが苦手という悩みはありませんか?スイングのタイミングがとりにくかったり、スライスやダフりになってしまうという方も少なくないでしょう。特に女性のアマチュアゴルファーに比較的多く見られますが、フェアウェイウッドは飛距離がでない女性やシニアの方ににとって、大きな助けになるクラブです。ロングホールや距離のあるミドルホールの2打目、長いショートホールのティショットなど、使い道の多いクラブな...

ゴルフの練習で竹ぼうきを使った素振りの練習が効果的と聞いたことはありませんか?既にインターネット等でも数多く取り上げられているので、知っているアマチュアゴルファーの方も多いかもしれませんね。そして、この竹箒を振ることは、飛ばしのスイングリズムを身につけるにはもってこいの練習になるんですね。長くて重めのものなら何でもいいですが、竹箒なら自宅にある人も多いでしょうし、ホームセンターでも300円前後で購...

ゴルフトーナメントなどのTV中継を見て、 「あの選手は、あんなにゆったり振ってどうしてあそこまで飛ぶのだろう」 と思ったことはありませんか?ですが、ゴルフスイングの基本がある程度分かってくると、形を覚えるだけではいけないと気づくものです。どんなにスイングが良くても、リズムとタイミングが悪ければ、遠くにボールを飛ばすことが出来ませんし、方向性も悪くなってしまうからです。また、多くのアマチュアゴルファ...

ロングアイアンが上手く打てないという悩みはありませんか?フェアウェイウッドと同様に、ロングアイアンもボールを高く上げて飛距離を出したくなるクラブですよね。ですが、この意識が強過ぎてボールを強く叩いてしまうと、かえって遠くに飛ばないばかりか、体のバランスも崩し、それでなくても難しいクラブをより一層苦手にして、使いこなせなくなってしまいかねません。その為、まずはボールを上げたい、飛ばしたいという気持ち...

フェアウェイウッドが打ち方が分からないということはありませんか?特にゴルフ初心者や、パワーがなく飛距離が出ない女性にとって使いこなせるようになれば、スコアアップにも繋がるゴルフクラブなので、しっかり自分なりのフェアウェイウッドの打ち方を作っておくことが大切ですね。そんな女性のフェアウェイウッドの打ち方としては、右足の内側のラインと膝をトップスイングではしっかりさせて、上半身の体の捻りを受けとめるよ...

ゴルフのテークバックはゆっくり行っていますか?そもそもバックスイングで大きいスイングアークを描くには、ゆっくりと静かに、そしてスムーズにクラブヘッドを動かすことが大切なんですね。スイングアークとは、ご存じだと思いますが、スイングした時に、クラブヘッドが描く円弧軌道のことで、大きいほど飛距離も出ます。ですが、逆に大きくなればコントロールが難しくなります。その為、手首や下半身などの反動を使わずにゆっく...